英語

【七田式】音声ペン付きセブンプラスバイリンガルの内容や口コミ

セブンプラスバイリンガル

コロナ禍ということで子供の在宅時間が増えているからか、ツイッターで英語関連のことを調べていると、下記の教材についての投稿がたくさんありました。

七田式子ども向け英語教材「7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)音声ペンver.」

筆者
筆者
たった35日で子供が英語を話し始めるそうです!

価格は、全額返金保証つきの29,800円+税。ダメだったら送り返しちゃいましょう。

「60日で英語を話せるようになる七田式」自体は、英語学習者の中では有名なのですが、効果があるかは正直わかりません。

→大人用の七田式はどんな感じ?

しかし、子供用の七田式は効果がありそうな気がします。なぜなら子供と大人では脳の柔軟性が違うからです。

0〜6歳のうちに英語を勉強していれば、発音が綺麗なバイリンガルになれる可能性は十分にあります。

それこそ聞き流すだけでも話し始める子供はいます。セブンプラスバイリンガルは、音声ペンで教科書をなぞって学習するタイプです。

筆者
筆者
1日7分の学習でいいそうです。

この記事ではセブンプラスバイリンガルの特徴や口コミなどをご紹介します。

音声ペン付き七田式セブンプラスバイリンガルの内容

紹介動画

時間のない方や読むのが面倒な方は、下記の紹介動画をご覧ください。

開発した女性の方がセブンプラスバイリンガルの概要や、使用方法などについて紹介しています。

セブンプラスバイリンガルとは?

音声タッチペンを使って英会話を学ぶという教材です。

対象年齢は定められていませんが、0〜10歳くらい。できれば0〜6歳のうちに始めるのがいいです。

7歳以上でも脳はまだ柔軟なので使用できますが、早ければ早いほど英語が入ってきます。

また、子供は集中力がないので「1日7分から」学べるような教材になっています。1日最低7分なら子供もチャレンジできると思います。

買うか迷っている母親
買うか迷っている母親
生まれた瞬間から洋楽や英語の子供向けアニメなどを流していると、リスニングがよくなって何となくバイリンガルに育てられそうな気もします。

でも日本で育てるとなると日本語中心となるので、本当にバイリンガルになるか心配です。

子供は誰しもバイリンガル・スイッチ(やる気スイッチてきな…)があり、そのスイッチさえ教えてしまえば英語ペラペラになれる可能性があるそうです。

買うか迷っている母親
買うか迷っている母親
バイリンガル・スイッチとかよく分からないですが、とにかくやる気を出させる教材ということでしょうか?

音声タッチペン、いや魔法のペンを使うことでスイッチをオンにすることができます。

音声タッチペンのしかけ①

子供だからゆっくりの英語を聞かせるのは間違いらしいです。

その理由は、子供は日本語と英語の区別がついてないから。

子供は、聞こえてくる単語や文章を「音」と認識して、口にしているだけです。

大人が「猫は英語でcatっていうんだよ」と言っても子供は理解してくれません。

なので、とにかく「音」をたくさんインプットすることが大切なのです。

たくさんの「音」を出す音声タッチペンは、テキストにタッチするだけで、ネイティブが使う「700」のフレーズが流れてきます。

タッチすると話し出すので子どもは好奇心を刺激され、親に言われなくても自ら取り組むようになります。

0〜6歳だと「ペンでテキストをなぞると音が鳴る」という行為自体が楽しいと感じることでしょう。

筆者
筆者
さすがに小学生だと、最近はスマホも普通に使うので「タッチペン?つまんない」となるかもです…。

また、音声タッチペンは操作が簡単なので、イライラしないですみます。

セブンプラスバイリンガル

音声タッチペンのしかけ②

フレーズ単位で英語を聞かせると、子供は自然に英語を理解できるようになりますが、それだけでは話せるようにならないそうです。

一瞬覚えても数日で記憶が薄れるので、すぐ忘れてしまいます。忘れないようにするには、フレーズを何度も聞いて、口に出すことが大切です。

そうするとフレーズが体に染み込み、脳の奥深くまで定着していくそうです。

つまり完全記憶。母国語を覚えてたら一生忘れないのと同じです。

セブンプラスバイリンガル完全記憶に必要なのは「日本語で聞く」「英語を聞いてリピートする」「たくさん音読」の3ステップのみ。

音声タッチペンを使えばこの3ステップを簡単に踏むことができます。

音声タッチペンのしかけ③

セブンプラスバイリンガル教科書の内容は「世界中を旅して英語を身につけよう」な感じなので、子供がハマりそうなストーリーで構築されています。

音声タッチペン自体は新しいものではなく、テキストをなぞると話し始める教材はたくさんあります。

しかし、ストーリーがつまらないと子供は飽きます。また、文字が多めの教材だと子供は理解することができません。

その点、セブンプラスバイリンガルは世界旅行をイメージしたポップなデザイン。よって文字の読めない未就学児でもイラストから学ぶことができます。

また、音声タッチペンでキャラクターの顔などにタッチすれば英語が流れてくるので、すぐには飽きないでしょう。

セブンプラスバイリンガル

さらに音声タッチペンには録音機能もついているので、リピートすればスピーキング力も早く身に付くでしょうし、何より自分の声を聞くのが楽しかったりします。

あと、特典として全てのフレーズが入ったCDがついてくるので、再生しっぱなしにするのもいいと思います。

教科書の中身↓

筆者
筆者
長くてもアレなので重要なところを紹介しました。

もっと詳細を知りたいという方は公式サイトをご覧ください。

音声ペン付き七田式セブンプラスバイリンガルの口コミ

どんなにいい教材でも子供が使わないと話にならないので、口コミを調べてみました。

低評価な口コミ

聞くだけで子供が話し出すなんて無理でした。毎日聞かせるようにしていましたが、子供は自分からは一度も聞こうとはしてくれませんでした。

これからもかけ続けていこうとは思いますが、これが効果があるものかと言われたら、正直ないと思います、と答えると思います。

5歳の子供は日本語しか聞いていないように見えますが、ほぼ毎日、聞かせています。今のところ、効果は全く感じられません。

初めての英語がこの教材というのは、難しいのではないかと思います。世界の知識が増えるのは単純に子供が楽しんでくれます。

毎日続けるのは親もついていないといけないので大変です。

高い買い物でしたが、ただCDを聞くだけなので子供たちもすぐ飽きてしまいました。

英語教材未経験の3歳の息子に試してみました。

最初は3倍速になるところなど面白がって聞いていましたが、最近は聞いてくれないし英語も話せるようになっていません。

テレビが大好きなので、映像がある方が良かったのかもしれません。テレビの英語の番組の歌などは好きで一緒に歌っているので。

高評価な口コミ

未就学児位の小さい子向けに購入している方もいらっしゃいますが、英語に少し触れている小学生くらいの方の方がいいのかも。

半年以上でやっと一巡位のペース、車で送迎の時に時々聞いていますが、小学生低学年と高学年は、大人よりも結構フレーズを覚えてます。

小2の子供はは、塗り絵目的でやっている感じですが、4年の子供は、話の内容に興味をもって楽しみながら音読もしています。

5歳の娘には少し難しいかなと思い、CDはBGM感覚で流し続けていたのですが、一週間後には短いフレーズや、長いフレーズでも聞き取れた部分は口に出して言えるようになり、同時に英文を指でなぞるようにもなっていました。

更に娘と配役を決め、交互にフレーズを喋っていると「そうじゃない、こう言うんだよ」と私に発音まで指摘するように。今では遊んでいる時、外出時など、自分のお気に入りのフレーズを鼻歌感覚で突然発します。

無意識に言っているようで、言葉というよりは音として認識しているという事を強く実感しました。たった35日で、日常会話までもCDを真似して英語っぽく喋るようになった娘は、外国人気分を楽しんでいます。短期間で、ここまで自然に口から英語が出るようになった事には本当にビックリです!

まとめ

口コミを調べたら7割は高評価で、3割が低評価という感じでした。

こういう類の教材は酷評ばっかりなことが多いのですが、高評価の方が多いので、セブンプラスバイリンガルは良質な教材なのかなと思います。

良質かそうでないかを見極める方法は一つです。全額返金保証があるかないか。

セブンプラスバイリンガルを使って、子供が英語を話さなければ全額返金。購入してから60〜90日以内に送り返せば実質0円です。

セブンプラスバイリンガル

新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が長いと思いますが、そんな時こそ楽しく勉強するのもいいと思います。

子供と一緒に英語を勉強するのもよし、すでに子供が英語にハマっているならもっと夢中にさせるのもよし。

実質タダのセブンプラスバイリンガルはかなりお得だと思いました。

 

 

こちらの記事もおすすめ