オーストラリア

オーストラリアあるあるネタ【留学経験者が語る】

オーストラリアあるある
筆者
筆者
高校、大学とオーストラリアのゴールドコーストとブリスベンで過ごした私が、超ディープなオーストラリアあるあるをご紹介します。

よくあるオーストラリアあるあるは省くようにしています。

目次
  1. 【食事編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ
  2. 【学校編】留学経験者が語るオーストラリアあるある
  3. 【買い物編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ
  4. 【生活編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ
  5. 【交通編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ
  6. 【メディア編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ

【食事編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ

BOOSTに行きがち

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Boost Juice(@boost_juice)がシェアした投稿 -

BOOST(ブースト)というジュースバーがオーストラリアでは有名。2000年にアデレードで始まり、広まっていきました。

スターバックスがほぼない

スターバックスはオーストラリア国内に51店舗(2020年5月4日時点)しかありません。

Zarraffa's Coffee(ザラファズコーヒー)が最も有名なコーヒーチェーンだと思います。

ハングリージャックスをハンジャといいがち

滞在期間の長い日本人は、ハングリージャックス(Hugry Jacks)というファストフード店を略して「ハンジャ」といいがちな気がします。

ハングリージャックスはアメリカのバーガーキングなのですが、シドニーにバーガーキングというお店があったため、バーかーキングとは名乗れずハングリージャックスになったようです。

スシトレインの価格の高さにビビる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sushi Train(@sushitrainofficial)がシェアした投稿 -

SUSHI TRAIN(スシトレイン)という回転寿司があるのですが、価格の高さに驚きます。1皿4〜5ドルなので、お腹一杯になるまで食べたらけっこうします。

警察官などが制服姿で飲食

日本では警察官や消防士が制服姿のまま店に入って食事をしたらダメなのですが、オーストラリアでは問題ありません。

マクドナルドなどで片付ける必要なし

ファストフード店、カフェ、モール内の食堂などで、食べた後に片付ける必要はありません。清掃員の方が片付けてくれます。

【学校編】留学経験者が語るオーストラリアあるある

キャンプで謎の歌を歌いがち

修学旅行てきな感じでキャンプがあります。私はYear10、11とキャンプを経験しました。

Year10キャンプは本当にキャンプで、トイレは外で自由にし放題、テントをはって寝る、主食はリンゴという感じでした。

Year11キャンプはしっかりとした宿泊施設があったため快適でした。

キャンプ自体はいいとして、謎の歌を歌って盛り上がることに衝撃を受けました。

「Boom Chicka Boom」という歌があるのですが、当たり前のように歌って盛り上がっていました。

上記の動画でいうと、おじさんのする動きを周りが真似をするというルールです。歌い終わりに「〇〇スタイル!」といって、他の人にふります。

水泳大会は女子が休みがち

年に1回、スイミングカーニバル(水泳大会)があるのですが、多くの女子が休みがちです。理由はご察しください。

ボールペンはBICかPAPERMATE

BICペンBICのボールペン
PAPERMATEのボールペンPAPERMATEのボールペン

オーストラリアでボールペンといえばBIC(ビック)、PAPERMATE(ペーパーメイト)が有名です。

教科書はレンタル

写真:world.edu

小中高と教科書は基本的にレンタル。たまにボロボロの教科書や書き込みでグチャグチャな教科書もありますが気にしません。

教科書自体は厚くて重いですが、個人ロッカーがあるので問題なしです。学期末に返却すればいいので日本みたいに持ち帰る必要はありません。

大学の場合、図書館からレンタル、中古または新品の教科書を買うが基本ですが、科目によっては教科書がなくても大丈夫です。

【買い物編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ

BILLABONGに行きがち

ゴールドコーストで誕生したBILLABONG(ビラボン)というサーフィン、スケートボードなどを扱うショップがあります。

ビラボンの筆箱高校の時に使っていた筆箱はビラボンで買いました。

TIMEZONEに行きがち

TIMEZONE(タイムゾーン)というゲームセンターがあります。

日本のゲームセンターと違うところは景品と交換できるゲームあるということです(日本でもあるかもですが)。

ミニゲームがたくさんあり、結果に応じてカードにポイントが溜まり、その溜まったポイントと景品を交換できます。

閉店時間前に片付けがち

18時に閉店だと17時過ぎくらいから片付けを始めている店も。本当に18時で閉店なのです。

日本だとギリギリにいっても対応してくれますが、オーストラリアでは店次第ですかね。

英語テキスト
英語を話せるようになる?かもしれない教材【全額返金付きがおすすめ】ネット上で見つけた「英語を話せるようになる?かもしれない教材」をご紹介します。この手の英語教材は怪しいのも多いですが、その怪しい教材のせいで良質な教材も怪しく思えてしまいます。いちおう、高校、大学とオーストラリアで過ごした筆者が「これなら怪しくないだろう」という教材を選びました。...

【生活編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ

EFTPOSが主流

EFTPOS

EFTPOS(エフトポス)決済が主流。日本でいうところのデビットカードです。

キャッシュアウトしがち

日本で現金を引き出したい時はATMでキャッシュカードを使いますが、オーストラリアではATMでなくても現金を引き出せます。

スーパーなどのレジで「cash out(キャッシュアウト)」と伝えると「いくら?」と聞かれるので「50ドル」とか希望の額を伝えましょう(上限はあります)。

キャッシュアウトの使用条件としてはスーパーで何か買うことです。単純にレジがATMになるわけではありません。

手数料の代わりに数ドルの商品(水でもなんでもOK)を買えば、キャッシュアウトができます。

NABのキャッシュカードを持っているのに、WestpacのATMしかない時に便利ですね。別の銀行のATMだと手数料が取られるので。

携帯電話はプリペイドが主流

オーストラリアの携帯電話会社は、Telstra(テルストラ)、Optus(オプタス)、Vodafone(ボーダフォン)、Virgin(バージン)の4つがメインです。

日本だと基本は2年契約とかですが、オーストラリアではプリペイドも選択でき、プリペイドのほうが主流かなと思います。

使うときだけ10ドルチャージという感じです。チャージはオンラインでもコンビニとかでもできます。

50セントが邪魔になりがち

50セントが大きい(直径約3cm)ので邪魔になりがちです。

TAを理解できない

オーストラリア人「ペン貸して」

日本人「うぃ」

オーストラリア人「Ta」

TaとはThank you(ありがとう)の省略。最初はよくわからないと思います。

オーストラリア英語のスラングとは? 現地でよく聞くのは?オーストラリア英語のスラングをご存知ですか?高校、大学とオーストラリアで過ごし現地でよく聞いたオーストラリア英語のスラングをよく使う順にお教えします。オーストラリア英語のスラングは独特で聞きづらいです。...

Lynxのスプレーしがち

Lynx

男の場合ですが、Lynxのボディスプレーをしている人が多いです。

スニーカーや革靴を履く機会が減る

これは人によるかもですが、サンダルを履くようになり、スニーカーや革靴を履く機会が減ります。

私は、金曜の夜か土曜日の夜にスニーカーを履く程度でした。ナイトクラブや特定のレストランなどではサンダル禁止というルールがあります。

なので急に「クラブいこうぜ!」といわれて、サンダル履いていたら行けないので、そういう状況になるなと思う方はスニーカーなどを履いておきましょう。

裸足で歩くオーストラリア人が多い

ビーチとかではなく街中で裸足のオーストラリア人が多いことに驚きます。

年齢確認が厳しい

酒やタバコを買うときの年齢確認が日本よりも厳しいです。アジア人が若く見えるのもそうですが、けっこうな確率で「ID見せて」と言われます。

雨を気にしなくなる

オーストラリア人は雨が降っても、あまり傘をさしません。それに慣れてしまい、日本人でも傘をささなくなりがちだと思います。

オークリーのサングラス多め

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Oakley Japan(@oakleyjapan)がシェアした投稿 -

紫外線から目を守るためサングラスをかけている人が多いのですが、オークリーがかなり人気な印象を受けました。

【交通編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ

ラウンドアバウトの運転に困惑

roundabouts(ラウンドアバウト、環状交差点)の運転は慣れないと難しいです。出口がわからずグルグル回ることも…

タクシー運転手はほぼインド人

タクシー運転手の大半がインド人で、通じないことが多々あります。

横断歩道の信号の切り替わりが速い

横断歩道の信号がすぐ赤になります。また、ボタンを押さないとずっと赤という信号もあります。

電車でもバスでも通話OK

オーストラリアでは電車やバスの中でも通話してOKです。

驚く女性
ゆりやんレトリィバァは英語がペラペラ?【発音はアメリカン】アメリカのオーディション番組に出演したことで、ゆりやんレトリィバァは英語がペラペラと話題。たしかに発音は日本人ぽくないです。なぜ、ゆりやんさんは英語がペラペラというか英語が得意で発音がいいのでしょうか。...

【メディア編】留学経験者が語るオーストラリアあるあるネタ

ラジオは102.9fm

ゴールドコーストだけの話となりますが、基本的によくかかっているラジオ局はHOT TOMATO(ホットトマト)102.9fmでした。

ホームドラマみがち

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Home and Away(@homeandaway)がシェアした投稿 -

Home and Away(ホームアンドアウェイ)というドラマを見がち。私は、ホストファミリーが見ていたので、流れで見ていた感じです。

月〜金、午後7時から始まるドラマで1988年からずっとやっています。毎週なにかが起こるドラマで、取り扱う問題は恋愛、人間関係、殺人、暴力、結婚、離婚、学校でのトラブルなど。

渡る世間は鬼ばかり、キッズウォー、13の理由などを混ぜた感じでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Home and Away(@homeandaway)がシェアした投稿 -

Home and Awayといえばこの俳優さんという感じです!

また、Neighbours(ネイバーズ)というドラマもやっています。1985年スタートなのでHome and Awayより歴史があります。内容はHome and Awayとあまり変わりません。

この主題歌を歌えば、友達ができるかもですw

英会話
おすすめのオンライン英会話サービス15選【ステイホームを有効活用】おすすめの英会話オンラインサービスのご紹介です。緊急事態宣言でステイホームが続きますが、そんな時でもオンラインであれば英会話を勉強できます。家での時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。...
音楽を聴く少女
英語を聞き流すだけでは話せない【意味なし!効果なし!】「このCDを聞き流せば英語を話せるようになる!」という教材は嘘。「しっかり聞いて勉強すれば話せるようになるかもしれない」が事実。子供でない限り、聞き流すだけで言葉を話せるようにはならないので、めちゃくちゃ努力して話せるようになりましょう。...
こちらの記事もおすすめ

sorry...