英語&留学

オーストラリアの高校の時間割【部活がない!?】

時間割

オーストラリアの高校の時間割についての記事となります。

私は日本の高校に行ったことがないので、比較はできませんが、異なるところはいくつかあると思います。

時間割の特徴

朝の会がある

休憩は2回

基本的に部活はない

週5日

(移動教室)

(教科書はレンタル)

オーストラリアの高校の時間割

私は私立の高校に通っていたので、公立とは時間割が違うかもしれません。

また、私立でも学校によって時間割は少しずつ違ってくるので参考までということで。

※時間割はスクロールできます

 
8:30-8:50 HR HR HR HR HR
9:00-9:50(1) 授業 授業 授業 授業 授業
10:00-10:50(2) 授業 授業 授業 授業 授業
10:50-11:20 休憩 休憩 休憩 休憩 休憩
11:30-12:20(3) 授業 授業 授業 授業 全校集会
12:30-13:20(4) 授業 授業 授業 授業 部活
13:20-14:00 休憩 休憩 休憩 休憩 部活
14:10-15:00(5) 授業 授業 授業 授業 部活

HR(チューター)

HR(ホームルーム)としましたが、学校では「tutor(チューター)」や「tuotrial(チュートリアル)」といっていました。

朝の会みたいな感じです。

20人くらいの生徒がいて学年はYear10から12(高1〜3年)とごちゃまぜです。

チューターの大きな目的は出席確認。あとは簡単な報告事項です。

例えば「今日の3時間目はなくなります。代わりに特別ゲストがくるので正堂に集まりましょう」など。

このチューターの先生が担任みたいな感じですが、ザ・担任ではありません。

何かあればカウンセラーや信頼できる先生に話すという感じです。

で、チューターが終わったら1時間目へ。

3年B組!のように教室があるわけではなく、移動教室です。

チューターの前に1時間目と2時間目の教科書をダイヤル式のロッカーから取り、準備するという感じです。

教科書はブックショップで借りるという形です。購入ではありません。

なので、学期末に荷物をたくさん家に持って帰ることもありません。

休憩

休憩は2回あり、2時間目が終わって30分、4時間目が終わって40分です。

30分休憩は時間的にお腹も減っていないので、ぼけーっとして、40分休憩で食事をするという感じでした。

ホストファミリーが作ったランチを食べたり、売店でパン、パスタ、カップヌードルなどを買ったりして過ごしていました。

食堂はないので、テントの下に設置してある椅子とテーブルのところで食べたり、芝生の上に座って食べたり、なんでもありです。

しかし、帽子やキャップを被っていないと怒られますw

紫外線がものすごく強いので、帽子やキャップをかぶっていないと将来的に皮膚癌になるリスクが高まるので、学校では必ず着用しないといけません。

何度も注意を受けるとディテンションといって放課後に居残って掃除とか宿題とかやらされます。

放課後

5時間目が終わったら、基本的にすぐ帰ります。

日本だと掃除や部活がありますが、掃除は業者が行い、部活は文化系の一部のみでした。

帰り方の基本は「車でお迎え」で、免許を持っている人は運転して帰ったり、スクールバスに乗って帰る人もいます。

部活

時間割にある部活は、いわゆる部活ではなくスポーツデーといって「運動して他校と交流を深める日」という感じです。

移動はバスで他校に行ったり、他校がこっちに来たりです。

競技はサッカー、ラグビー、テニス、バレーボール、バスケットボールなど。

ラグビーは試合が始まるとガチになってしまうのですが、地域のクラブに入っている生徒などは怪我をしないように他の競技を選んだり、ラグビーを選んでも手を抜いていますw

私はゴルフをしていたので、怪我のリスクが少ないテニスとバレーボールを選びました。

バレーボールはサーブが入れば拍手喝采、テニスも2〜3ラリーしたら凄い!という感じでした。

あとはアイスを食べたり適当に過ごすという、とても自由な時間でしたw

全校集会

金曜日の部活前に行われるのが全校集会。

ゲストスピーカーが来たり、吹奏楽部が演奏したりと、とりあえず寝なければ大丈夫な時間です。

毎週ではないですが国歌または校歌を歌う時間がありましたw

 

【オーストラリアと日本】高校の時間割の違い

知人に聞いたら日本の高校は下記のような時間割とのことでした。

※時間割はスクロールできます

 
9:00-9:50(1) 授業 授業 授業 授業 授業 授業
10:00-10:50(2) 授業 授業 授業 授業 授業 授業
11:00-11:50(3) 授業 授業 授業 授業 授業 授業
12:00-12:50(4) 授業 授業 授業 授業 授業 授業
12:50-13:35 休憩 休憩 休憩 休憩 休憩 部活
13:35-14:25(5) 授業 授業 授業 授業 授業 部活
14:35-15:25(6) 授業 授業 授業 授業 授業 部活
放課後 部活 部活 部活 部活 部活 部活

 

■オーストラリアは必ず週5日制
日本でも週5日の高校はありますが、オーストラリアでは必ず週5日です。

■オーストラリアは休憩2回
日本は4時間ぶっ続けで授業をして、お昼休み。これが普通ですが、集中力がもたないような気もしますね。

■日本は部活が盛ん
部活は日本が盛んですね。

オーストラリアは学校での部活より、学校外のクラブがしっかりしているので、プロを目指すような生徒はそこで腕を磨きます。

■オーストラリアは移動教室
日本では高校からは選択科目が増えるので、基本的には自分のクラスに先生がきて、特定の授業は移動するという形でしょうか。

ちなみに移動教室の本来の意味は下記の通り。

移動教室(いどうきょうしつ)とは、小中学校の授業の一環として、たとえば、社会科で教室から消防署や下水処理場、博物館などに出かけ、現地で観察や学習を行うものである。

出典:ウィキペディア

【まとめ】オーストラリアの高校の時間割

特徴的なのは、

・昼休みが2回

・部活が(ほぼ)ない

・移動教室

というところだと思います。

中でも休憩2回は集中力の面で公立的かなと思います!

オーストラリアの時間割の特徴

朝の会がある

休憩は2回

基本的に部活はない

週5日

(移動教室)

(教科書はレンタル)

英会話
おすすめのオンライン英会話サービス15選【ステイホームを有効活用】おすすめの英会話オンラインサービスのご紹介です。緊急事態宣言でステイホームが続きますが、そんな時でもオンラインであれば英会話を勉強できます。家での時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。...