英語

超初心者におすすめのオンライン英会話の条件とは?

英語

全くのゼロから英会話をスタートする超初心者がオンライン英会話を使うのはいいと思います。

しかし、適当に選んではダメです。いくつかの条件があるので、お教えします。

超初心者におすすめのオンライン英会話の条件とは?

日本人講師がいること

早く話せるようになりたいのでネイティブ講師と勉強したいのですが…

超初心がいきなりネイティブと話すことは無理です。もし、話せるようならもはや超初心者ではないか相当なチャレンジャーです(笑)。

超初心者には、日本人講師と外国人講師が在籍しているオンライン英会話サービスじゃないとダメです。

なぜかというと、理解できないことが相当のストレスになるからです。

最初は外国人講師が教えてくれる大半のことは理解ができません。めちゃくちゃストレスですよね?

辞めたくなっちゃうかもです…

もちろんレッスンを積み重ねれば、理解できるようになりますが、積み重ねるまでに断念する人が多いと思います。

だからこそ日本人講師が必要なのです。

 

例えば、、、

生徒
生徒
ボブ先生が「おさむ?」とか言っていたのですが、どういう意味でしょうか?

ドヤ講師
ドヤ講師
それは「Awesome(オーサム)」です。最高!という意味です。

こんな感じで日本人講師のフォローがないとかなりキツイと思います。

 

しかし、バイリンガルの日本人講師のみから英会話を習うのは絶対におすすめしません。

日本人同士で英語を話していても「何かあれば日本語で話せばいっか」と甘えてしまうからです。

外国人講師なら日本語は通じないので、強制的に英語のみを話すことになります。

英語のみを話す時間が長ければ長いほど、早く上達します。

 

また、日本人同士で英語を話していると発音がいつまでも向上しません。日本人にのみ通じる発音になってしまいます。

まぁ、ぶっちゃけグロービッシュという言語も流行ってきているため、がっつり日本語アクセントの英語でも、ネイティブの相手が聞こうとしてくれれば通じます。

ただ、全員が全員、話を聞いてくれるかといえば、そうではありません。

例えば、外国人が日本で日本語で「ココニ、イキタイガ、ドウイク。オシエテ」と言ってきたとしましょう。

大半の日本人は「お〜勉強してんだなぁ」と優しい反応をしますが、海外では違います。

筆者
筆者
私は高校、大学とオーストラリアで過ごしましたが、英語圏にいるので「英語を話せないほうが悪い」という雰囲気でした。

本来はそれが当たり前です。

日本人はかなり優しいと思います。「カラオキ!」と外国人が言ってきても「カラオケや!カラオケ!ちゃんと発音せえ!」という人は稀でしょう…。

ソニーの創業者、盛田さんに英語は日本語アクセントですが、相手のネイティブが理解しようとしています。

まぁ、盛田さんはすごい方ですし、番組ということもありますが、そこらへんのネイティブだったら「誰このおっちゃん?何言ってんの?」と聞こうとはしないと思います。 

超初心者の気持ちを理解してくれる講師がいること

「第2言語を学ぼうとしている人」の気持ちの分かる外国人講師に教えてもらうのがいいです。

アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などネイティブでもいいんですが、彼らは英語が母国語で、第2言語を学ぶ苦労を知りません。

筆者
筆者
まぁ、中にはスペイン語、フランス語、日本語、中国語などを第2言語として学んでいる人もいます。

しかし、英語が世界共通語になってしまっているので、必死で第2言語を学ぶ必要性はないですよね…。

で、オンライン英会話の講師で多いのはフィリピン人です。

人件費が安いという理由もありますが、英語力が高く、母国語がタカログ語で、第2言語を身につける苦労や仕方を知っているので、雇われているのだと思います。

フィリピン人といっても全員が英語を話せるわけではありません。スパニッシュ系や裕福な家庭に育った人たちはネイティブなみに話せます。

彼らは小さな頃から英語に触れてきたとはいえ、母国語ではないので「英語をこれから学ぼうとする超初心者」の気持ちは少なからず分かると思います。

フィリピン人以外にも、例えばスウェーデン人(母国語はスウェーデン語)、フィンランド人(母国語はフィンランド語)らなら第2言語を学ぶ気持ちをより理解してくれると思います。

筆者
筆者
スポーツでも同じことが言えると思います。

もし自分が170cmの投手(野球)だとしたら、どちらの選手にアドバイスを求めますか?

・170cm、80kgで160キロを投げる投手

・190cm、100kgで160キロを投げる投手

170cmの選手ですよね?

190cmと恵まれた選手が170cmの気持ちなど分かりません。英会話もそんな感じなところはあると思います。

日本語から英語に訳すという勉強方針があること

「英語で考えて、英語で話そう」とよくいいますが、これは上級者レベルの話です。

超初心者には無理です。

確かに、ネイティブと対等に会話するには、英語で考え英語で話さないとついてくのは難しいです。

いちいち日本語から英語に翻訳していたら時間がかかって、何も言えなくなります。

筆者
筆者
高校、大学とディベートなど話し合う機会は多かったです。

実際、「英語で考えてから話す」ではなく「英語で話しながら考える」くらいじゃないとキツかったです。

特に大学は。高校は厳しくないので発言をあまりしなくても、どうにかなりますが、大学はそうもいきませんでした。

しかし、超初心者は英語自体を知らないわけですから、英語で考えるどうこう以前の問題があります。

つまり超初心者は何も言わなくても「日本語で考えて英語にする」と脳になっています。

その脳に対して「英語から英語にする」という教えを刷り込むのは難しいです。

なので日本語から英語に訳す、変換するという考えがカリキュラムに組み込まれているオンライン英会話サービスがいいのです。

日本語から英語にすることができれば、自然に英語から英語にする作業が出来てきます(コツをつかめるようになります)。

続けやすいこと

続けやすいオンライン英会話サービスにしましょう。習い事は、なんでもそうですが継続してなんぼだと思います。

筆者
筆者
エレキギターを知人からもらったので始めようと思いましたが、速攻で断念しました(笑)

英会話だと、宿題、予習、復習とかですかね。面倒ですよね?

もちろん宿題、予習、復習はしたほうがいいです。しかし、それは自主的にやればいいことであって、指示されてやることではありません。

宿題などがあると、こなしただけで満足したり、「面倒だなぁ」と思って1か月くらいで終わることがほとんどです。

よって、宿題、予習、復習もないほうがいいです。レッスン内で全て完結するオンライン英会話がいいですね。

また、いうまでもないですが、通う英会話教室は続けにくいです。新型コロナウイルスの影響などで行けないこともありますしね…。

マンツーマンなこと

オンライン英会話はマンツーマンが基本なので、あまり説明する必要はないかと思いますが、グループレッスンは微妙です。

マンツーマンより安いというメリットはありますが、グループだと英語を話せる時間が短くなります。

また、嫌な人がいると英会話どころじゃなくなります(笑)。なのでマンツーマンが絶対にいいと思います。 

で、超初心者におすすめのオンライン英会話サービスってどこ?

無料レッスンを受けた経験からいうと、超初心者にはアクエス(AQUES)がおすすめです。

先ほど説明した条件もクリアしてますし、5回×50分のレッスンを無料で受けることができるので、良ければ契約すればいいという楽さがあります。

超初心者だとつけこんでくる悪質な業者も多数いますが、アクエスは一切勧誘してこないので、安心です。

アクエスについては無料体験を受けた時の記事を読んでいただくか、公式サイトから無料体験を受けてみてください。

無料なのでもちろん損はないですし、申し込む際にクレジットカード情報は不要です。危険なことはありません(笑)。

 

 

こちらの記事もおすすめ