調べ物

ペットが亡くなったら庭に埋葬してもいいの?【火葬がベスト】

海
ペットが亡くなったら庭に埋葬しても大丈夫でしょうか? いつまでも近くにいて欲しいと考えています…。

そのお気持ちご察します。

結論から述べますと、家の庭なら問題ありません。しかし、基本的には火葬をし、自宅で遺骨を保管するか、散骨をするほうがいいと思います。

ペットの遺体や遺骨は庭に埋葬してもいい?

ペットの遺体や遺骨は私有地であれば埋葬可能です。

しかし、他人と共有して使っている庭、公共の土地、他人の土地、公園、山などに埋葬することは法律違反となります。

また、埋葬を適切に行わないと「ペットが浮かばれない」「野生の動物に掘り起こさせる」「近所迷惑」などの問題が起きます。

ちなみに英語でペットを「it(それ)」というように、ペットの遺体は法律上「一般廃棄物」となり、可燃ゴミとして処理されます。ペットをゴミ扱いされるのは非常に悲しいことです。

ペットの遺体を庭に埋葬する方法

①穴を深く掘る

動物の遺体は独特のニオイがし、カラスや野生動物にそのニオイを嗅ぎつけられてしまうと掘り返す可能性があります。

従って、ペットの大きさにもよりますが、2〜3mの深さが必要です。

②遺体をコットン100%のタオルで包む

土に遺体を埋めるだけではなかなか土に還らないので、腐りやすいコットン100%のタオルを使いましょう。

ポリエステル、ナイロンやレーヨン素材のタオルは土に還りにくいのでダメ。また、ビニール袋にいれることもダメです。

③土を盛る

遺体を埋めたら土をかぶせますが、高く盛るようにしましょう。

しっかり埋めたとしても土は減っていきますし、雨などで流れていく可能性もあります。

④重いものを置く

埋めたところに目印として重いものを置きましょう。

石とかでも構いませんが、ペット用に墓石を作って置くのがベストです。重ければ重いほど動かなくなるので、野生動物に掘り返されることもないでしょう。

ペットの遺骨を庭に埋葬する方法

火葬後に遺骨を庭に埋葬する場合は、野生動物に掘り返されることも少ないため、1mほど掘って埋めれば問題ないでしょう。 

ペットは庭に埋葬するより火葬がいい理由

埋葬は大変

スコップで穴を掘って埋葬するのは相当な体力を要し、特に大型犬などは庭に埋葬することは難しいでしょう。その点、火葬ならば大きさは問いませんし、葬儀屋さんが丁寧に火葬して下さいます。

ちゃんと埋葬できたか気になる

埋葬をした後「ちゃんと埋葬できたかな?」「掘り返されてないかな?」「本当に亡くなってしまったの?」と気になりますし、遺体(遺骨も)は土に還らないこともあります。一方、火葬ならば気持ちに整理がつきやすいです。

庭から離れる可能性

庭に埋葬しても、その家にずっといますか? 人によっては離れざるを得ない状況になるかもしれません。それではペットが浮かばれません。火葬ならば遺骨を近くに置いておくことができます。

ペットを火葬した後はどうするのがいい?

最近ではペット専用の火葬場もあり、21歳で天国へ旅立ったベルも素晴らしい火葬場での葬式でした。

ありがとう
ベルと最後のお別れ愛猫ベルと最後のお別れをしました。東京・戸田葬祭場で火葬して頂きました。...

火葬した後は遺骨を持ち帰ってペット専用の仏壇に入れてあげるか、49日経ったら散骨するのがいいでしょう。

その散骨をする場所ですが、可能であれば「自然に帰る」という意味で海がおすすめ。

とはいえ気軽に行ける場所ではないので、メモリアル大洋など代わりに散骨してくれる業者に頼むのも一つの手です。

メモリアル大洋は本州と九州の間にある関門海峡にて散骨を行います。その理由は関門は神門だからです。

関門海峡での散骨には意味があります。安徳天皇を祀る赤間神宮は、鳥居をくぐってすぐに朱色神門(竜宮城を模した楼門)があり、祀られている安徳天皇が水天宮の祭神とされていることから水天門と呼ばれています。その水天門を本殿側から見ると関門海峡が見えます。私たち大洋は、その海域を散骨ポイントとしています。

出典:メモリアル大洋

また、メモリアル大洋は遺骨を粉骨にし、自宅で一緒にいられるよう小さな小さなお墓を作ってくれます。

【まとめ】ペットは庭に埋葬するのではなく火葬

これは完全に個人的な意見ですが、ペットは埋葬ではなく火葬の一択だと思います。人間と同じと考えるのであれば尚更です。

誰かが亡くなった時、相当な理由(=事件)がない限り火葬にしますよね。と、考えるとペットも火葬がいいと思います。

こちらの記事もおすすめ

sorry...