CBD

CBDオイルとリキッドの違いやメリット・デメリットについて

CBD

 

CBDリキッドとオイルの違いは?

筆者
筆者
オイルは口から、リキッドは吸います。

CBDオイルとリキッドの違いは?

メリット・デメリットは?

どっちがいい?

こんなお悩みを解決します。

記事の内容

オイルとリキッドの違い

オイルとリキッドのメリット・デメリット

この記事を読めば、CBDオイルとリキッドの違いが分かります。どちらも液体ですが、決して一緒ではありません。

おすすめのCBDブランド

国産CBD:Greeus

女性向けCBDオイル:Octo

CBDフレグランスオイル:METASU

吸うCBD:プラスウィードグリーンブルドッグ

 

CBDオイルとリキッドの違い

CBDオイル

CBDリキッドCBDオイルは「口からいれる」タイプ。

英語表記:「OIL」「DROP(ドロップ」

最近はCBDスムージーやコーヒーが流行っていますよね。それらはオイルが混ざったものとなります。

また、舌に垂らす(舌下投与)ほうが、CBDコーヒーなどよりも早くCBDを摂取することができると言われています。

CBDリキッド

CBDリキッドは「吸う」タイプ。

英語表記:「LIQUID」「E-LIQUID」

VAPE(電子タバコ)を使い、肺にCBDを入れます。オイルとリキッドは違うので、オイルをVAPEに使用するのはダメです。

プラスウィード
CBDプラスウィード(+WEED)をレビュー|口コミや評判は?CBDプラスウィードのアトマイザーとCBDリキッドを購入し、スターターキットのバッテリーに装着してみました。互換性があるので問題なく使用可能。充填タイプにしかない調整機能も紹介します。フレーバーのハーブはやめておいたほうがいいです。臭いので。...

CBDオイルとリキッドのメリット・デメリット

CBDオイル

簡単
コーヒーにいれたり、舌に垂らしたりと簡単に使用できます。

種類が豊富
リキッドよりも種類が多いので選べる幅が広がります。

価格が高い
濃度にもよりますが、基本的には高いです。

苦い
フレーバーつきじゃないと基本は苦い味がします。

CBDリキッド

早くまわる
肺にCBDをいれるため、オイル(食べる)より早くCBDがまわります。

VAPEが必要
VAPE本体を失くしたり、充電をしていなければ吸えません。

CBDオイルとリキッドはどっちがいい?

CBDオイルもリキッドも一長一短ですが、まとめると下記となります。

オイル
気軽にCBDを摂取したい、VAPEが苦手、肺に入れたくない

リキッド
CBDを早く摂取したい、タバコ慣れしている

どちらを選ぶにしろ使い方を間違えると危険なので、適量を「食べる」「吸う」ということを心がけましょう。

オイル(oil, drop):口から:ベイプに使用不可

リキッド(liquid, E-liquid):吸う:ベイプのみ

プラスウィード
CBDプラスウィード(+WEED)をレビュー|口コミや評判は?CBDプラスウィードのアトマイザーとCBDリキッドを購入し、スターターキットのバッテリーに装着してみました。互換性があるので問題なく使用可能。充填タイプにしかない調整機能も紹介します。フレーバーのハーブはやめておいたほうがいいです。臭いので。...