豆知識

海外向けと日本向けのチャオチュールの違いは?【中毒性は世界共通】

ちゃおちゅーる

チャオチュールは日本のみならず海外でも売られており、海外ではその中毒性から猫用コカインとも呼ばれています。

今回の記事では、日本用と海外向けに作られているチャオチュールの違いについてご説明します。

結論、違いは紅麹色素(天然着色料)が使用されているか、されていないかです。

全てのちゃおちゅーるを調べたわけではないので、全てに紅麹が使われているかは分かりません。

最低でも「まぐろ&ほたて貝柱」に使われているというだけです。

チャオチュールの海外向けと日本向けの違いとは?

海外と日本向けのチャオチュールを比較

ちゃおちゅーる

比較したのは、海外向けは「Tuna with Chicken Recipe(まぐろ、チキンレシピ)、日本向けは「まぐろ&ほたて貝柱」です。

海外向け

原産国:タイ

原材料:まぐろ、貝柱、ホタテエキス、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘安定剤(加工でん粉、グァーガム)、ミネラル類(Na、P、Cl)、調味料(アミノ酸)、ビタミンE、緑茶エキス

保証成分:たんぱく質7.0%以上、脂質0.2%以上、粗繊維0.1%以下、灰分2.0%以下、水分91.0%以下

日本向け

原産国:日本

原材料:まぐろ、ほたてエキス、ほたて貝柱、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、増粘多糖類、ミネラル類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麹色素

保証成分:たんぱく質7.0%以上、脂質0.2%以上、粗繊維0.1%以下、灰分2.0%以下、水分91.0%以下

成分は全く同じで、原材料もほぼ同じでした。

海外向けのグァーガムとは増粘多糖類のことなので、違いは紅麹色素が入っているかいないかです。

紅麹色素とは?

ベニコウジ紅麹(写真:楽天市場)

Monascus属が生産する赤色色素(紅麹色素またはモナスカス色素と呼ばれる)は古くから天然の着色料として利用されている[1]

紅麹(ベニコウジ)色素とは天然着色料のことで、購入することもできます。

日清カップヌードルのチリトマト味なんかにも紅麹色素が使用されています。

紅麹色素は安全なの?

「血中のコレステロール値を正常に保つ」としてヨーロッパや日本などで販売されている「紅麹で発酵させた米に由来するサプリメント」の摂取が原因と疑われる健康被害がヨーロッパで報告されています。EUは、一部の紅麹菌株が生産する有毒物質であるシトリニンのサプリメント中の基準値を設定しました。フランスは摂取前に医師に相談するように注意喚起しており、スイスでは紅麹を成分とする製品は、食品としても薬品としても売買は違法とされています。

出典:食品安全委員会

人間のサプリメントの話ですが、ヨーロッパでは健康被害の報告があります。

スイスでは売買が禁じられているようですね。

The Panel further considered that individual cases of severe adverse reactions have been reported for monacolins from RYR at intake levels as low as 3 mg/day. The Panel concluded that exposure to monacolin K from RYR could lead to severe adverse effects on musculoskeletal system, including rhabdomyolysis, and on the liver. 

出典:EFSA(欧州食品安全機関)

また、欧州食品安全機関は、1日3mgの紅麹を摂取すると、筋肉や肝臓に副作用が出るケースがあると発表しています。

一方で、小林製薬の方々の論文「紅麹配合食品の健常成人における安全性試験」には

健常人における紅麹配合食品(紅麹 500 mg, モナスシンとして 2.0 mg)4週間摂取について評価したところ,本食品の安全性と機能性食品素材としての有効性が示された.

と結論が出ています。

日本では一般購入ができ、多くの食品に使われていることから紅麹色素は危険ではないということでしょう。

海外では紅麹色素はあまり好まれないのかなと思います…。

CBDオイルをなめる猫
CBDオイルは犬猫の癌に効果あり?|安倍晋三首相も使用との噂CBDオイルやCBDペットフードが欧米諸国で流行り出していることをご存知でしょうか。CBDは大麻草から採取される成分の一つではありますが、逮捕される大麻ではありません。日本でも合法です。リラックス効果や治療用にも使われているため、猫の癌に効くかも?という噂もあります。...

まとめ:チャオチュールの海外向けは紅麹色素が不使用

チャオチュールの海外向けと日本向けの違いは「紅麹色素が使用されているか、いないか」でした。

美味しいのは確かですし、塩分濃度も低いので着色料がついていても問題はなさそうです。

しかし、「着色料を使っているオヤツなんて嫌!」と、こだわるならばモグリッチのように着色料を使っていないオヤツを選ぶのも手です。

モグリッチ
猫用おやつのモグリッチキャットフードを評価【口コミは?】レティシアンが開発・販売するモグチッリキャットフードは、高級ちゃおちゅーるみたいな猫用おやつです。メイン食材はささみとレバーで、全ての原材料がヒューマングレードと安心安全。グレインフリー、香料や着色料も不使用です。...
おすすめの猫用おやつ|ちゅーる、鰹節やオーラルケアなどおすすめの猫用オヤツをまとめてみました! 我が家の猫は、かつおぶし、ちゃおちゅーる、モグリッチ、フリーズドライのささみ、乾しカマとかが...
こちらの記事もおすすめ