リサーチ

ドクターXの猫は変わった?ベンケーシーの年齢や名前の由来について

茶トラ

 

※アイキャッチ画像はベンケーシーではありません。

・ドクターXに出演している猫ちゃんについて知りたい…

・ベンケーシーという名前の由来は?

・シーズン1からずっと同じ猫ちゃん?

こんなお悩みを解決します。

記事内容

✔︎名前の由来
✔︎年齢は?
✔︎シーズン1からずっと同じ猫

茶トラ(13〜16歳)のコアブくんが、ドクターXのシーズン1から最新作までずっとベンケーシーを演じています。

名前の由来はアメリカの医療ドラマから。詳しくみていきましょう!

 

ドクターXの猫「ベンケーシー」とは

ドクターX〜外科医・大門未知子〜に出演している猫がベンケーシー(役名)です。

神原晶(岸部一徳さん)が所長を務める神原名医紹介所の看板猫であるベンケーシー。

 

性別はオス、種類は茶トラ、本当の名前はコアブと言います。

湘南動物プロダクションに所属するプロの役者です(笑)。

ドクターXの猫「ベンケーシー」の名前の由来

名前の由来は、1961〜1966年に放送されたアメリカのドラマ「Ben Casey(ベン・ケーシー)」から来ています。

ケーシーは青年医師。総合病院の脳神経外科に勤務していて、医者や患者との交流を通じて医師として成長するというドラマ。

なお、ケーシーを演じたのはヴィンス・エドワーズ(Vince Edwards)さんです。

トクターXの猫「ベンケーシー」の年齢

ドクターXの現場ブログ(投稿日は2017年10月3日)によると、「年齢は推定10~13歳くらい」とのこと。

保護猫とかなのでしょうか? 現在(2021年1月)だと13〜16歳という感じ。

ベンケーシーはコアブがシーズン1から演じている

コアブくんがベンケーシーをシーズン1(2012年10月〜)からシーズン6(2019年10月〜)まで演じています。

ドクターXのシーズン7も楽しみ!

人気のあるドラマはなかなかファイナルシーズンを迎えないように作られるので、シーズン7も制作されることでしょう。

コアブくんの演技にも注目しましょう。

 

\30日間無料/

 

 

\3Dフィギュア/

ペット(犬猫)の写真をもとにデザイナーさんが3Dデータを制作し、世界に一つしかないオリジナル・フィギュアをつくってもらいましょう。写真1枚からでも制作可能です。