ニュース

保護犬・猫のために環境省とAmazonが締結|「つなぐ絆、つなぐ命」始動

 

環境省は2021年8月30日、犬猫の譲渡促進のため「つなぐ絆、つなぐ命」というプロジェクトをスタートすると発表しました。

環境省は殺処分を減らすため、自治体や動物保護団体に引き取られた犬猫の譲渡を促進し、殺処分数はこの10年で7分の1に減少しましたが、今でも全国で約3万匹を超える犬猫が殺処分されています。

そこで環境省は、殺処分数をもっと減らすために「つなぐ絆、つなぐ命」プロジェクトを立ち上げ、アマゾンジャパン合同会社とパートナーシップを結びました。

同社は「ほしい物リスト」を通じて動物保護施設の犬猫をサポートする「動物保護施設 支援プログラム」に取り組んできましたが、「保護犬・保護猫 支援プログラム」に一新しました。

その理由は、これまでの物資支援に加え、保護犬・猫の譲渡拡大を目指すため。

保護犬・猫を引き取ることは「信頼できる動物保護団体を探すのが大変」、「譲渡の条件が合わない」などの理由から、あまり浸透していないのが現実。

アメリカでは犬猫を飼いたい場合、動物保護団体などからの譲渡が一般的ですが、日本ではペットショップやブリーダーからが大半。いきなり動物保護団体に連絡することは稀でしょう。

保護犬・猫がやさしい飼い主さんのもとで暮らして欲しいという思いから、アマゾンジャパンはリニューアルすることに決めたのです。

アマゾンプライム会員なら送料・お急ぎ便・時間指定無料、映画やドラマ見放題、音楽聴き放題

同社と環境省は、「地方自治体や動物保護団体による譲渡活動を支援し、行き場を失った犬猫が新たな飼い主のもとに引き取られ、終生にわたって安心して暮らせる社会づくりを加速していきます」と目標を掲げています。

©️環境省、アマゾンジャパン

 

ABOUT ME
きゃっとも
ロシアンブルー好き。先代のベルさんは21歳まで生きました。今は2020年5月生まれのジェイさんと過ごしています。キャットフードなどのレビュー記事や愛猫家に役立つニュースを配信中。Cat Rescue NFTがプロフ写真。ペットフード・ペットマナー検定に合格しています。
ペットの悩みQ&A【ドキャット】
こちらもどうぞ!