サービス

不足栄養素を見つける検査「フソクタス」|犬猫の被毛を送るだけ

 

株式会社Rainbowgateから、ペット(犬猫)用の不足栄養素検査「フソクタス(不足+)」が2021年12月4日に発売されます。価格は27,500円(税込)。

フソクタス(不足+)とは?

犬猫に栄養のある食べ物を与えていても、体質によって上手に吸収できていないというケースがあります。

 

栄養素不足検査項目栄養素不足検査項目

そこで役に立つのがフソクタス。被毛から45項目の不足栄養素から吸収できていない、カバーできていない栄養素を見つけだす検査キットです。

ちなみに「アレミッケ 犬猫用アレルギー検査キット」という商品もあります。こちらも被毛から検査できます。

フソクタス(不足+)検査の流れ

ブラッシングをして被毛を20本ほど採取し、国内ラボに送るだけ。採血は不要です。

検査は、人の検査でも実績を持つアメリカのラボで行われます。

フソクタス(不足+)検査結果   

犬(オス、生後11か月、50kg)の実際のデータで、ここから分かることは以下の通り。

「まだまだ成長期である時期にパピー・ジュニア用ドッグフードにてしっかりと補えていたと思っていたカルシウムが吸収しづらい体である事が判明しました。

 食事はアレルギー検査結果に基づき、某社11キロ18,000円のフード等数社を混ぜ与えており給餌量を含め体重より適切に対応していましたが、この様にフードのメーカーに関わらず適切に食事を与えていても体質的に吸収し辛く不足気味となっている栄養素があります」

【赤】レベル3
著しく不均衡な状態。 体がうまく吸収することができない項目。早めの対応が望まれます。

【黄色】レベル2
注意するべき不均衡な状態。 吸収はできているが注意すべき項目。

【緑】レベル1
軽度の不均衡。 軽度に吸収できていない項目。経過観察が必要。

【灰色】レベル0
不足しておらず特に問題のないものを示しています。

人間は自分で必要な栄養素を選べますが、犬猫はできません。人間がコントロールしてあげるしかないのです。

不足している栄養素を知ることで、犬猫をよりハッピーにさせてあげられるので、フソクタスを試してみる価値はありますね。

■フソクタス公式サイト
https://allergy-pro.jp/?mode=f12

©️株式会社Rainbowgate

 

ABOUT ME
Cat Talk 編集長
キャットフードなどのレビュー記事や愛猫家に役立つニュースをほぼ毎日配信。編集長はペットフード・ペットマナー検定合格のロシアンブルー好き。先代のベルさんは21歳まで生きました。現在は2020年5月生まれのジェイさんと過ごしています。
こちらもどうぞ!