ニュース

日本猫が「結局一番かわいい猫種ランキング」1位

ランキング

 gooランキングは3日、結局一番かわいい猫種ランキング(調査期間は2019年9月14~28日)を発表し、1位が日本猫、2位がアメリカンショートヘア、3位がマンチカンとなりました。

【1位】日本猫

 最も多くの人から支持された「日本猫」は、雑種の中でも日本に古くから存在するミケやトラ、ブチといった柄を持つ短毛の猫種を総称するものです。

 ペットとしての猫は中国から奈良時代に日本へ渡来したそうですが、長い歴史の中で雑種として数を増やし、現在では飼われている猫の約8割が「日本猫」などの雑種だとされています。

 このように日本人との関わりが長い事に加え、雑種ならではの毛色・柄の豊富さも人気が高い理由の一つと言えそうです。

 ちなみに、こうした日本猫の中でも短く丸みのある尻尾を持つものは海外で品種改良され「ジャパニーズ・ボブテイル」と呼ばれているのだとか。

【2位】アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア 続いて人気の高かった「アメリカンショートヘア」は、アメリカ原産の改良された短毛種で、日本では珍しい「クラシックタビー」と呼ばれる渦巻き状のしま模様を持つタイプが有名です。

 よく知られているのは銀色の地毛に黒いしま模様の組み合わせですが、地毛が茶色やクリーム色の組み合わせなどもあるそうです。

 環境への順応性が高く飼いやすいのも特徴の一つですが、好んで飼う人が多いのは、筋肉質な見た目にたがわぬ活動的でいたずら好きなところや、人懐っこさにも理由があるのではないでしょうか。

【3位】マンチカン

マンチカン 見た目のかわいらしさから近年スコティッシュフォールドと共に人気を集めているのが、3位の「マンチカン」です。

 1980年代にアメリカで突然変異的に誕生した個体をルーツに持つ猫種で、最大の特徴は小ぶりなサイズと短い四肢です。

 ちょこちょこと歩く姿は何ともかわいらしく、テレビや動画サイトなどで動く姿を見て、心をわしづかみにされた人も多いのでは?

 こちらもアメリカンショートヘア同様に人懐っこいですが、甘えん坊なところも見逃せないポイントですね。

 

おすすめのグレインフリー
カナガンデンタルキャットフード
カナガンに、毎日食べることで口臭や歯垢、歯石付着が減少する効果が認められているデンタルバイツ(犬猫用おやつ)が混ぜられたのがカナガンデンタル。初回半額(期間限定)です。
 
商品名 カナガンデンタル
価格 4,960円(1.5kg)/330円(100g)
第一原材料 七面鳥
原産国 イギリス

食レポート公式サイト

おすすめのグレインフリー
purinaad
グレインフリーの中ではコスパ最強。ヒューマングレードとは説明されていませんが、新鮮な肉を使用しているとのこと。粒はハードとソフトの2種類が混ぜられています。
 
商品名 ピュリナワン グレインフリー(1歳以上)
価格 1,915円(1.6kg)/108円(100g)
第一原材料 チキン
原産国 アメリカ

食レポート公式サイト

おすすめのグレインフリー
平飼いチキン60%以上を使用しているカナガンの香料は強いですが、猫からすると「いい香り」。本国イギリスではスーパーなどで買えます。
 
商品名 カナガン
価格 3,960円(1.5kg)/264円(100g)
第一原材料 乾燥チキン
原産国 イギリス

食レポート公式サイト

こちらの記事もおすすめ