英語

中学生レベルでも英語を話せるようになる方法

中学生レベルの英語力で話せるようになりますか?

筆者
筆者
「勉強しなければいけない」という条件はありますが、中学生レベルの英語力で話すことは可能です。

私は高校、大学とオーストラリアで過ごしましたが、英会話に関していうと、中学で習った文法や単語しか使っていません。それだけ英会話はシンプルなのです。

いくつか私が実践したことをご紹介しますので、試して頂ければと思います。

中学生レベルでも英語を話せるようになる方法

変換力を鍛える

変換力(勝手に作った言葉)を鍛えましょう。

「彼は窃盗の罪で逮捕された」を英語にして下さい。

(窃盗? 逮捕? なんて言えばいいんでしょう…)

窃盗とは何か、逮捕とは何かと考えてみましょう。

(窃盗は何かを盗むこと、逮捕は警察に捕まることだから…)The police got him because he stole something?

その通りです。英会話的には問題ありません。

「He was arrested for theft」がより適切ですが、「The police got him because he stole something」でも意味は伝わります。

この変換力が英会話には求められます。

窃盗や逮捕という単語がすぐ出てくれば、それがベストですが、出てこない場合は変換しましょう。

文法をレベル別にマスターする

ネイティブレベルで話したい方は中1〜3で習う文法を完璧にしましょう。

とりあえず英語を話したい方は中2までの文法をおさえておけば問題ないです。

とりあえずの英会話↓

先生
先生
「東京に住んでる友達がいる」を英語にして下さい。

生徒
生徒
(これって関係代名詞?)I have a friend who...

先生
先生
そんなに深く考えなくていいですよ。

生徒
生徒
(じゃあ)My friend lives in Tokyo.

先生
先生
正解です。厳密に言うと少し意味は違いますが、伝わるので大丈夫です。

会話は必ず相手がいて、前後の会話もあるので、だいたい合ってれば伝わります。

「日本に10回行ったことがある」を英語にして下さい。

(これって現在完了? 過去から未来に継続していて…)I have been? gone? to Tokyo 10 times?

もっと簡単でいいですよ

(じゃあ)I went to Tokyo 10 times.

それでOKです。「10回東京に行った」という事実が伝わればいいので現在完了を使わなくても大丈夫なんです。

会話は流れていくものなので、「have+過去分詞だから…」など考えていたら何も話すことができません。

このとりあえずの英会話はイングリッシュというよりグロービッシュに近いと思います。ネイティブレベルを目指すならば現在完了形などを完璧にしましょう!

グロービッシュとは?【英語との違いは究極の簡略化にあり】フランス人のジャンさんが提唱しているグロービッシュをご存知ですか。グロービッシュは非ネイティブ同士が使う英語のことで中学校レベルの文法と単語を使用して会話をするという「新しい言語(英語)」。単語の数でいえば約1500語、期間だと1年くらいで身につけることも可能なこのグロービッシュについて詳しくご説明します。...

単語を覚えすぎない

たくさん知っていて損はないですが、たくさん単語を知っていることで英会話の邪魔になる時があります。

例えば、big(大きい)の類義語(ample, great, huge, large, major, sizeable, jumbo, massive etc)を知っているとして「地球は大きい」と言いたいとします。

脳内はどうなるでしょう?

地球ってbigレベルじゃないよな? 

largeは洋服とかドリンクのサイズのことだっけ?

jumboだと飛行機くらいの大きさ?

使い分けようとして悩みませんか?

もちろんネイティブなみに単語の深い意味を知っていて、使い分けられるなら話は別ですが、シンプルにbigと言えばいいんです。

それかbigの前に何かつければいいんです。

very very very very very big!

soooooooooooooooooo big!

f**king big!!!!!!!!!

英会話は瞬時に言葉を出していかないといけないので、簡単な言葉を選ぶようにしましょう。

役に立つ動詞の使い方を覚える

have/get/giveの動詞の使い方をマスターすれば、表現の幅が広がり、英会話も簡単になります。

get

I got an apple(リンゴを手にした)

getは「手にする」が基本の意味ですが、ネイティブ的には「○○に達する」という考えか方です。

I got angry(怒りが、達した)

I got home(家に、到達した)

副詞や前置詞と組み合わせればgetだけで無限に表現できます。

get up!(起きなさい!)

get out!(出ろ!)

get on the bus(バスに乗る)

getは本当に万能で、例えば「○○を授与された」の「授与」が分からなくても「I got ○○」でいいんです!

give

I will give you this pen(このペンをあげる)

She gave me this pen(彼女はこのペンをくれた)

giveは「与える」が基本の意味ですが、物に限りません。

give me your name, please?(名前を教えて下さい)

I'll give you some information(情報を教えるよ)

giveもget同様に万能。「この剣を授けよう」なんかも「I will give you this sword」で問題なし。授けるは「confer」とか使うんですけど「give」で!

have

I have breakfast(朝食を食べる)

I have a cold(風邪をひいている)

I have a headache(頭痛がする)

I'll have a meeting tomorrow(明日、会議に出席する)

My car has 7 seats(私の車は7シートある)

haveは、手に物を持つだけでなく色々と「持つ」と覚えましょう。

特に、My car has 7 seats(私の車は7シートある)はネイティブぽい発想です。

車が7シート「持っている」という感じ。

日本語でも動詞から話す癖をつける

日本語は動詞が文章の最後にきますが、英語は逆です。

最初は慣れないと思いますが、日本語を話す時も動詞を先に言うようにしましょう。

「焼肉いこうぜ」ではなく「行こうぜ焼肉」

「病院で診察してもらった」ではなく「診察してもらった、病院で」

「これがあげるよ」ではなく「あげるよ、これ」

ラフな会話であれば、けっこう動詞を先に言っても成立しますし、実際にそうやって話している人(特に若者)は多いと思います。

繋ぎの言葉を覚える

これは「英語を話せるようになる」とは少し違うかもですが、言葉が出てこない時の言葉を覚えましょう。なぜならネイティブぽくなるからです。

well...
you know...
I mean..
like...

めちゃくちゃ簡単な英語なのですが、なかなか上手く使えず沈黙しちゃう人も多いと思います。

日本語を勉強している外国人が「う〜ん、そうっすね…」「つまり、その…」とか話していたら日本人ぽいすよね。それと同じです。

中学生レベルの英語でも話せるようにはなるが、努力は必要

単純に英語を話せるようになるには、簡単な英語をしっかり身につけていれば問題ありません。ネイティブレベルになりたいのであれば、複雑な文法や難しい単語も身につけないといけないですが…。

ただ、ひとつ言えるのは勉強せずに話せるようにはならないということです。なので、絶対に勉強はしましょう。

おすすめのオンライン英会話サービス
おすすめのオンライン英会話サービス15選【ステイホームを有効活用】おすすめの英会話オンラインサービスのご紹介です。緊急事態宣言でステイホームが続きますが、そんな時でもオンラインであれば英会話を勉強できます。家での時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。...
英語テキスト
英語を話せるようになる?かもしれない教材【全額返金付きがおすすめ】ネット上で見つけた「英語を話せるようになる?かもしれない教材」をご紹介します。この手の英語教材は怪しいのも多いですが、その怪しい教材のせいで良質な教材も怪しく思えてしまいます。いちおう、高校、大学とオーストラリアで過ごした筆者が「これなら怪しくないだろう」という教材を選びました。...
こちらの記事もおすすめ

sorry...