ニュース

LLAC(Live Like A Cat)はどんなNFT?WL獲得方法は?

LLAC
編集長

LLACはどんなNFTプロジェクト?

WLの獲得方法は?

LLACは「Live Like A Cat(猫のように生きる)」がテーマのNFTプロジェクト。

WLはフリーランスの学校や初期からLLACを支えている人や、CNPホルダーなどには優先的に配布される予定です。

LLAC(Live Like A Cat)の基本情報

プロジェクト名:LLAC
テーマ:ネコのように自由気ままに生きてみよう
個数:22,222体
価格:0.001ETH
販売日時:2022年12月28日12時(日本時間)

設立者:しゅうへいさん(@shupeiman
デザイン:猫森うむ子さん(@umuco_digital
マーケティング:イケハヤさん(@IHayato

Discord:https://discord.gg/live-like-a-cat

LLACは、フリーランスの学校を運営するしゅうへいさん、Twitterのフォロワーが5.5万人以上いる猫森うむ子さん、「CryptoNinja」の設立者であるイケハヤさんが率いる日本のNFTプロジェクトです。

LLAC(Live Like A Cat)の特徴

猫森うむ子さんがデザイン

猫森さんのキャラクター「うむねこ」は、AmazonPayのPRを務めるなど信頼と人気があります。

そんな猫森さんが描くLLACだからこそ、販売前から注目されているのです。

プロジェクトが伸びる要因のひとつに「誰がデザインしたか」があり、CloneXも村上隆さんが参加していなかったら、ここまで伸びていなかったと思います。

プロフィール写真用NFT

可愛いですよね? SNSなどのプロフィール写真にしたくなりませんか?

Twitter、Instagram、DiscordなどPFP(Profile Picture)を設定できるサービスはたくさんあります。

実はこのPFP、昨今ではけっこう重要なんです。

コロナ禍でリモートワークが導入され、Slack、Backlog、Chatworkなどを利用している人は多いでしょう。

誰かにメッセージを送りたい時、ユーザー名よりもPFPを見ていませんか? 頻繁に変えられると困りませんか?

そのくらいPFP文化は広がっており、NFTでもPFPにしやすい作品は人気があります。

従って、LLACもPFP用にデザインされているほか、一度みたら忘れられない、覚えてもらえるような可愛さになっています。

BAYCが流行ったのも、エミネムなど有名人が自身のSNSのPFPにしたことがキッカケですからね。

ステッカーが即完売

またたび屋でLLACのステッカーが販売されているのですが、即完売。

購入すればWLをゲットできるとかではないのですが、速攻で売れるのです。

Supremeのステッカーなら即完売も理解できますが、この売れ方は異常です。

と考えると、LLACも即完売かつ、フロア価格も速攻で高くなると予想できます。

にゃんにゃん?22,222体

LLACは22,222体。CloneXやCNPと同じですね。

よくある5,000体、10,000体(BAYC、AZUKIなど)、8,888体も選択肢にあったと思いますが、猫の「にゃんにゃん」も関係していることでしょう(笑)。

販売価格が0.001ETH

販売価格は0.001ETH(150〜200円)と安く、初めてNFTを買う人におすすめですが、それはWLを手にできたらの話…。

なお、ETHは「GMOコイン」、「コインチェック」、「ビットバンク」、「DMM Bitcoin」、「bitFlyer」、「フォビジャパン」などで購入できます。

ウォレット(メタマスクなど)にETHを送金する必要があるため、送料無料なGMOコインが良いかなと思います。

【GMOコイン一択】無料で海外取引所へ送金する方法
【GMOコイン一択】無料で海外取引所へ送金する方法

LLAC(Live Like A Cat)のWL獲得方法

LLACのWLを確実に獲得できる方法はありませんが、配布されるのは主に下記のような人たち。

■初期からLLACのコミュニティを支えた

■フリーランスの学校を支えた

■LLAC開催のセミナー参加者

■コミュニティを楽しんでいる

■CNPホルダー(抽選の予定)

■APPホルダー(抽選の予定)

■ICLメンバー(抽選の予定)
ICLはイケハヤさんが代表を務める、有料の仮想通貨投資家向けオンラインサロン

今からLLACのWLが欲しければ、CNPやAPPを買うか、ICLに入会(税込98,000円)して抽選を待つという感じでしょうか。

Discordに入れた方は、とにかくその中でエンジョイすること。猫みたいに自由気ままに他のメンバーと楽しむ。そんな人たちにWLをあげたいと運営は考えています。

あとは、フリーランスの学校が提供している無料の「ゼロからフリーランスを目指す人のための講座」を受講することもWL獲得への一歩になるかもしれません。

そもそもWLを簡単に配布したくない理由は何なのか?

それは、WLをフリッパー(速攻で売り捌いちゃう人)に配布しないため。超短期売買はフロアプライスを下げる原因となります。

長期でホールドしてくれる人が増えることで、フロアプライスも上がりますし、結果的に多く稼げる要因に(笑)。

0.001ETHで買って0.01ETHで売っても、大きな利益にはなりません。せめて1ETHでしょうか? そうすれば15〜20万円ほどの利益になります。

LLAC(Live Like A Cat)のまとめ

LLACを二次で安く拾えればラッキーですが、初動で0.5ETHくらい行くのでは?とTwitterやDiscordでは言われています。

自由気ままに買えたら、買う。そのくらいな気持ちで良いかなと(笑)。

ABOUT ME
ねこうぇぶ
ねこうぇぶ
編集長
猫に関連するニュースやキャットフードなどのレビュー記事を配信しています。

編集長はロシアンブルー好き。先代のベルさんは21歳まで命を全う。今は2020年5月生まれのジェイさんと過ごしています。
レビュー

Review

新着記事

What's New

キャットフード

Cat Food

猫用品

Cat Goods

豆知識

Knowledge

食べ物

Food

グッズ

Goods

日記

Diary

記事URLをコピーしました