ニュース

日本初のペット用オンライン相談&診療システム「みるペット」

みるペット

 株式会社みるペットは、動物や飼い主を動物病院とインターネットで繋ぐ、オンライン相談・診療システム「みるペット」を今春からまずは東京都を中心にスタートします。

 好きな時間に予約をすることで自宅にいながら、かかりつけの動物病院や先生にリアルタイムにて相談することが可能になるそうです。

開発の背景

みるペット写真:株式会社みるペット

 近年犬猫の飼育頭数は減少傾向にあります。2018年、犬は約890万頭、猫は約965万頭とそれぞれピークの2008年と比較して犬は約31.6%、猫は11.5%減少しています。

 一方、寿命が延びることによって高齢期と言われる7歳以上のペットの数は現在ピークを迎えており、腫瘍や慢性疾患などを抱え動物病院を必要としている動物は増加しています。

 また、動物病院を利用している割合は犬で約60%、猫で約30%ほどと推定されますが、必要性はあるが、動物病院を利用できていない動物が数多くいます。

 その理由には、動物の医療や健康に関する適切な情報が足りていない、忙しくて来院する時間がない、動物を連れていく交通手段が無いなどが考えられます。

 このような中で、動物たちの健康に必要な情報や医療へのアクセスのしやすさをどう向上させられるかを考え、オンライン相談・診療システム「みるペット」を開発したそうです。

みるペットの使い方

利用登録(ウェブページで飼い主登録)

予約(病院を検索して予約)

相談&診察(予約時間がきたらビデオ通話)

会計(クレジットカード決済)

薬などの配送(薬などは後日病院から配送)

みるペットのメリット

みるペットのメリット写真:株式会社みるペット

 

こちらの記事もおすすめ