ニュース

映画「キャッツ」の感想はシンプルに「怖い」「気持ち悪い」

キャッツ

ネタバレを含みますので、ネタバレされたくない方は読むのをやめて下さい。

 

 

映画のキャッツを見てきたのですが、シンプルに、「怖い」「気持ち悪い」でした。

海外の評判が悪いのも納得できました。

予告を見てた時点で嫌な予感はしていたのですが…。

しかし、もちろん良いところもあったので、悪いところも含め、お伝えします。

映画キャッツの作品情報

監督・脚本
 トム・フーパー
 
脚本
 リー・ホール
 
原作     
 キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法
 
配給     
 ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和
 
日本公開   
 2020年1月24日
 
上映時間   
 110分
 

映画キャッツのあらすじ

満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのは、ロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たち。ぐうたらな猫、ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫…様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く―。

出典:TOHOシネマズ

映画キャッツの予告動画

映画キャッツの怖いところ

体が生々しくて怖い

そもそもメス猫だからって胸が出てたりすると、気持ち悪いんですよね…。

もうちょとリアルにしないで、ポップな感じに仕上げれば良かったのに…。

笑う犬のミル姉さんみたいに!

猫がゴキブリを食べるが怖い

気持ち悪いので見たくない方は、再生ボタンを押さないで下さい!

(また、この動画はすぐに削除される可能性があります)

猫人間が笑顔でゴキブリを食べて、残りのコキブリは笑顔でダンスして…

そもそも野生の猫がネズミを食べるシーンでさせ、気持ち悪いと思ってしまうのに…

超ハイテク技術を使って猫のコスプレをした人間がゴキブリを食べるなんてありえないです。

生々しいのとゴキブリのシーンが強く印象に残りすぎて、「気持ち悪い映画」とインプットされてしまいました…

子供だとショックを受けると思います。たぶん…。

 

映画キャッツを酷評する海外の評論家

「キャッツはゴミ映画である」

「愛情を込めて言うと、あれは怪物だ」

「あまりに醜い映画だったので、記憶から消さないかというほどだ」

「キャッツは今年見た中で一番酷い映画だ」

「自分の脳みそが寄生虫に蝕まれているのでは?と感じるほどだった」

批評家のコメントセンスが、さすがアメリカって感じですね!

怖い映画になったキャッツは大損害

77億円の損害!?

これから回収できるとも思えません。

1回みたらもう2度みない系の映画だと思うので…

映画キャッツのメインキャスト

テイラー・スウィフト(ボンバルリーナ役)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Taylor Swift, Nishita 🇮🇳(@dailyalison)がシェアした投稿 -

猫が大好きなテイラー・スウィフトさん。

生々しく見えてしまったのは、もともとテイラーさんが猫っぽい顔なのとセクシーだから?

テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフトの愛猫がカワイイ! 名前は映画・ドラマから映画キャッツに出演している歌手のテイラー・スウィフトさんは大の猫好きで、可愛い3匹の猫を飼っているって知っていましたか?スコティッシュ・フォールドのメレディス、オリビアと、ラグドールのベンジャミンです!...

ジェームス・コーデン(バストファー・ジョーンズ役)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

James Corden(@j_corden)がシェアした投稿 -

俳優、コメディアン、司会者とマルチにこなすコーデンは「Carpool Karaoke」で有名ですね!

ビートルズのポール・マッカートニーとの回は最高です!

ジュディ・デンチ(オールド・デュトロノミー役)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sacred Record/Suzie Soloviev(@sacredrecord)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

James Bond(@007page)がシェアした投稿 -

ジュディといったら007でしょう!このイメージしかないです!

レベル・ウィルソン(ジェニエニドッツ役)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Loft Cinema(@theloftcinema)がシェアした投稿 -

 

名前は分からなくてもナイトミュージアム3のこのシーンを見れば「あ〜」となると思います。

ジェイソン・デルーロ(ラム・タム・タガー)

ジェイソン・デルーロといったら「In My Head」です!

でだしの「ジェイソン・デルーロ!」と名前をいうのがカッコいい。

イアン・マッケラン(ガス役)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Brian Dennett(@its_only_a_movie87)がシェアした投稿 -

X-MENのマグニート(一番右)、ロード・オブ・ザ・リングのガンダルフとイギリスを代表する俳優です。

怖いだけじゃない?映画キャッツの良いところ

演技力が高い

そうそうたる役者さんが出演しているので、演技は抜群です。

猫になったのは初めてでしょうけど、言い回しからダンスに、独特の間と本当に素晴らしいです!

普通に人間としてやってくれたら、相当良かったと思います。

音楽がいい

ビューティフル・ゴースト

Beautiful Ghosts(ビューティフル・コースト)はテイラーさんが歌っています。

メモリー

メモリーは超有名な曲ですよね!

ミュージカルのキャッツを見ていなくても「聞いたことある!」という方も多いと思います。

やっぱ、生々しいですけど…。

【まとめ】キャッツを怖い映画にした監督が悪い?

監督だからって全ての決定権があるわけではありませんが、どうなんでしょう?

トム・フーパー監督は「英国王のスピーチ」「レ・ミゼラブル」「リリーのすべて」などものすごい作品を世に送り出しています。

とくに「英国王のスピーチ」はアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞と4冠!

その監督がキャッツを作り出してしまったのか…。

せめてゴキブリのシーンさえなければ、良かったんですけどね…。

こちらの記事もおすすめ