留学

英語を学ぶだけの短期留学は意味がない【プラスの目的が必要】

添削

短期留学自体は意味のあることですが、英語を学びにいくだけの短期留学は意味がないと思います。

なぜなら、日本にある語学学校に通えば済む話だからです。

上記の結論に至った理由を詳しくご説明します。

なお、期間は学生の夏休みを基準として1週間から1か月とします。

1週間から3か月までが短期かなと思いますが、3か月は長期と考える人もいるので…。

英語を学ぶだけの短期留学は意味がないと思う3つの理由

日本の英会話学校のほうが効率的

私は高校、大学とオーストラリアで過ごしましたが、その前に夏休みを利用して1か月ほど短期留学をしたことがあります。

クラスはネイティブ講師1人に対して生徒は10人ほど。授業内容自体はさほど難しくありませんでした。

しかし、質問したい時にその質問の英語が分かりませんでした。

「I did go to the school」という「did」の使い方で、この文章の場合「did」は「really(本当に)」や「go」を強調する意味を持ちます。

私は「didは動詞ではなく形容詞ということ? 強調してるってこと?」と聞きたかったのですが断念しました(笑)。

特に英語力が伸びることなく帰国。その後、東京で語学学校に通いました。

クラスの構図は同じ。違いはネイティブ講師が日本語を理解できるか、できないか。

全てのネイティブ講師とはいいませんが、日本在住なので、大半がある程度の日本語なら理解できます。

自ら日本語を話すことはないですが「did is not 動詞? same as really? 形容詞?」と「verb(動詞)」「adjective(形容詞)」を知らなくても質問ができました。

ネイティブ講師は「Yeah, in this sentence, did is kind of ケーヨーシ。In english, we say adjective.」と答えてくれます。

また、生徒は日本人なので授業中にイライラすることもないです。

私が通っていたオーストラリアの語学学校は中国、韓国の生徒が中心で、欧州だとスペインやフランスがちらほら。

ムカついたのは自分が発言すると母国語で何かこちょこちょ言っていることです。

日本の英会話学校であればそのようなことはありません。最低でも授業中にはないでしょう。

以上のことから私は「日本にある語学学校が単純にオーストラリアにあるだけじゃん」と思いました。

英語テキスト
英語を話せるようになる?かもしれない教材【全額返金付きがおすすめ】ネット上で見つけた「英語を話せるようになる?かもしれない教材」をご紹介します。この手の英語教材は怪しいのも多いですが、その怪しい教材のせいで良質な教材も怪しく思えてしまいます。いちおう、高校、大学とオーストラリアで過ごした筆者が「これなら怪しくないだろう」という教材を選びました。...

ネイティブの友達はほぼできない

短期留学の目的の一つ「ネイティブの友達を作る」ですが、難しいです。

語学学校にいるネイティブは講師やスタッフのみで、仲良くなるのは自分と同じく英語の話せない生徒たち(ノンネイティブ)。

結果、ちょっとした中国語、韓国語やスペイン語を習得してしまったというのは「あるある」だと思います。

もちろん超積極的であったり、特技(ダンス、歌、スポーツ…)があればネイティブ講師と、街中の知らないネイティブと、ホームステイ先のホストブラザー・シスターなどと友達になれる可能性はあります。

しかし、短期留学だとほぼ無理です。

短期留学から帰ってきて「ネイティブの友達たくさんできたよ」という人いますか?

最低でも私の周りにはいません。「海外の友達たくさんできたよ」ならいますが。

ネイティブの友達が欲しければ、日本にいるネイティブに話しかけたり、交流パーティーに参加したほうが早いと思います。

日本にいるわけですから大半は日本に興味を持っている(最低でも日本に対して嫌悪感を抱いていない)と思うので、仲良くなれる可能性は高いでしょう。

まぁ、そもそも国籍関係なく友達を作ることは簡単ではありませんが…。

英語力があっても…

英語力があり、レベルアップをはかるために短期留学をする人もいますが、ベルリッツなどに通えば日本でもレベルアップできます。

また、キャンブリーネイティブキャンプなどのオンライン英会話サービスを使えば気軽に自分の英語力をチェックできます。

英語力があって短期留学をするくらいなら、普通に旅行したほうがいいと思います。コストも抑えられますし、スラングも身につきます。

例えば、オーストラリアでは「Thank you」を「Ta」と省略するのですが、語学学校の先生で「Ta」と言う人はいませんでした。

学校のルールもあり、ちゃんとした英語を教えるのが講師の役目なのでスラングを言わないようにしているのだと思います。

私が「Ta」を知ったのはスーパーのレジ。お金を渡した時に「Ta」といわれ、意味を聞いたら「ありがとう」だと教えてくれました。

英語力を伸ばしたい人は、こういう生の英語を求めていると思うので、ブラブラしている方がタメになると思います。

短期だけなく「留学」は、日本でできないことを行うからこそ価値が出るものだと思います。

英会話
おすすめのオンライン英会話サービス15選【ステイホームを有効活用】おすすめの英会話オンラインサービスのご紹介です。緊急事態宣言でステイホームが続きますが、そんな時でもオンラインであれば英会話を勉強できます。家での時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。...

英語+αの短期留学は意味がある

「英語力を伸ばしたい」だけでなく、他の目的もある場合、短期留学はいいと思います。

「NBAやMLBを観戦したい」「ホワイトハウスや自由の女神を見たい」「ゴルフの発祥地、イギリスでゴルフを学びたい」など。

特に小・中・高・大学生だと初めての海外というケースもあるので、出国・入国をするだけでも価値があるでしょう。

英語は話せなくてもスーパーやコンビニで何かを買ったり、メニューに指差しで注文したり、身振り手振りで伝えてみたり、全てが貴重な経験になります。

「英語を学ぶだけの短期留学は意味がない」のまとめ

そもそも英語力だけを伸ばしに短期留学する人がいるかは分かりませんが、それだと無意味です。

家、語学学校の繰り返しのために海外に行っても何も面白くないです。

英語を学ぶことは大前提として、他に目的があれば短期留学をしましょう。他の目的がないのであれば日本の語学学校に通うことをお勧めします。

音楽を聴く少女
英語を聞き流すだけでは話せない【意味なし!効果なし!】「このCDを聞き流せば英語を話せるようになる!」という教材は嘘。「しっかり聞いて勉強すれば話せるようになるかもしれない」が事実。子供でない限り、聞き流すだけで言葉を話せるようにはならないので、めちゃくちゃ努力して話せるようになりましょう。...