豆知識

オリジンキャットフードがリニューアル【お肉増量中!】

オリジン

オリジンキャットフードは2016年夏にリニューアルされたのですが、どうリニューアルされたか、ご説明します。

■変更点

カナダ産からアメリカ産

肉の量がアップ

サプリの種類などが変更

オリジンキャットフードがリニューアル

製造工場がカナダからアメリカへ

オリジンブランドを展開するチャンピオンフーズはカナダの会社で1985年に創設されました。

カナダ・アルバータ州の工場「ノーススター」でドッグ&キャットフードが製造されていましたが、2016年夏に新しい工場がアメリカのケンタッキー州に完成。

以来、ツンドラを除くレジオナルレッド、キャット&キトゥン、6フィッシュ、フィット&トリムがアメリカで製造されるようになりました。

 

オリジンについてもっと知りたい方は上記の動画をご覧ください(日本語字幕)

アメリカを選んだ理由はビッグマーケットでの事業拡大が目的。ケンタッキー州なのは牧場がたくさんあり、いろいろな種類の原材料をフレッシュなまま手に入れることができるからです。

牧場から工場までの搬送は3日以内、届いてからフードを作るまでは2日以内とスピーディなので新鮮なまま届くのです。

レジオナルレッドちなみに日本向けのフードは水分が少なめ。アメリカより湿気が多いので特別調節されています。

オリジンキャットフード5種類
オリジンキャットフード全種類を比較【肉派の猫だと迷うかも】オリジンキャットフード(ドライフード)5種類を比較。レジオナルレッド、キャット&キトゥン、ツンドラ、6フィッシュ、フィット&トリムとあり、それぞれ特徴が違います。肉の量は共通して85〜90%と多く、野生的なのがオリジンキャットフードの特徴です。...

原材料やサプリメントの変更点

肉の量が約5%増え、サプリメントの種類が大幅に減りました。

サプリの種類を減らせたのはディハイドレード製法(低温で調理して栄養価を逃さない製法)にあります。

より新鮮な原材料となったからこそ低温調理ができ、今までは逃げていた栄養価を補うためにサプリを多用していましたが、アメリカ産になってからその必要がなくなりました。

※カナダ産のツンドラもレシピが変わっています。

フード名 炭水化物(%) GL値 タンパク質(%) サプリメント 肉量(%) 新鮮肉の量(%)
キャット&キトゥン 19 1.2 40 コリン、亜鉛、胴 90 66
キャット&キトゥン(カナダ) 17 4.6 42 亜鉛、マンガン、銅、亜セレン酸ナトリウム、コリン、ビタミン(A、B12、D3)、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン 80 50
6フィッシュ 18 1 40 コリン、亜鉛、胴 90 66
6フィッシュ(カナダ) 17 5.1 42 亜鉛、マンガン、銅、亜セレン酸ナトリウム、コリン、ビタミン(A、B12、D3)、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン 80 50
レジオナルレッド 17 1 40 コリン、亜鉛、胴 90 66
レジオナルレッド(カナダ) 18 5 40 亜鉛、マンガン、銅、亜セレン酸ナトリウム、コリン、ビタミン(A、B12、D3)、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン 80 50
ツンドラ(旧カナダ) 16 1.3 44 コリン、亜鉛、チアミン硝酸塩(ビタミンB1) 85 66
ツンドラ(新カナダ) 18 1.2 40 コリン、亜鉛、胴 85 66

 

米アマゾンの口コミには「アメリカ産になってから食べなくなった」という口コミが多くありました。

「なぜレシピを変えたんだ!」「カナダ産にしてくれ!」「ツンドラしか買わない」などなど。

たしかにカナダ産のに慣れていたら、いくら肉の量が多くなって、サプリの種類が減っても、猫は繊細なので食べない可能性はありますよね。

もし日本に住んでいる方で、同じような問題があれば、楽天やアマゾンでカナダ産のを購入しましょう。賞味期限が切れない限り買えます(笑)。

リニューアルされたオリジンキャットフードの基本情報

商品名 キャット&キトゥン 6フィッシュ レジオナルレッド ツンドラ フィット&トリム
主原料
七面鳥
カレイ
全卵
サバ
ニシン
サバ
ニシン
カレイ
レッドフィッシュ
アンコウ
シルバーヘイク


ヤギ
ラム

サバ
ヤギ

鹿
イワナ

マトン

七面鳥
全卵
カレイ
ニシン
タラ
タンパク質 <40% <40% <40% <40% <44%
脂肪 <20% <20% <20% <20% <15%
対象 全年齢 全年齢 全年齢 全年齢 肥満気味
価格(340g) 1,485円+税 1,485円+税 1,485円+税 1,485円+税 1,485円+税
特徴 チキン味が好きで、健康な猫におすすめ 魚味好きにおすすめ 肉味好きにおすすめ より栄養をつけたいグルメな猫におすすめ 肥満気味な猫におすすめ

 

オリジンペットフードと他社のペットフードとの比較動画が面白いので、ぜひ見て下さい(日本語吹き替え)。

【まとめ】リニューアル前のオリジンキャットフードを食べていた猫にはツンドラ?

ツンドラはヤギ、猪、鹿、イワナ、鴨、マトンなど特殊な原材料が多く、アメリカでは製造できないのでカナダで製造されています。

カナダ産のレジオナルレッドを食べていた猫がツンドラを食べるかは分かりませんが、どうしてもカナダ産が良ければツンドラを選ぶのいいと思います。

レジオナルレッド
オリジンキャットフードのレッドを徹底評価【口コミ・評判は?】オリジンのキャットフード「レジオナルレッド」をレビュー評価。牛、猪、ヤギ、羊、サバ、豚がメインで野性的なキャットフード。オリジンはカナダのメーカーでレジオナルレッドはアメリカで製造されています。...
こちらの記事もおすすめ