ニュース

猫の命を守るプロジェクト「おしっこチェックでSaveCats」

おしっこチェック

 花王パーソナルヘルス事業部ペットケアは、2020年2月22日より、猫の「おしっこチェック」の習慣化を目指すプロジェクト「おしっこチェックでSaveCats~猫の命を守るプロジェクト~」をスタート!

※以下、PR TIMESからの転載となります。

 病気を隠すことが上手と言われる猫の体調変化にいちはやく気づく方法として、普段からの「おしっこチェック」を推奨し、気になることがあったらすぐに病院に相談することを提唱する活動です。

 一般的に猫は泌尿器関連の疾病にかかりやすく、花王の調査によると、病気になった猫のうち、約半数(46.8%)が腎臓病や尿石症といった泌尿器系の疾患でした。

46.8%が泌尿器の病気(写真:花王)

 猫の祖先は、砂漠で暮らしていたため、乾燥した環境でも水分を無駄なく利用して、濃縮された濃いおしっこをします。その分、腎臓への負担が大きく、機能障害を起こしやすくなります。

 また、おしっこの中のミネラルが結晶化して尿石もできやすくなります。これが猫に泌尿器系の病気が多い原因です。

 一方で、猫は病気を隠すのが上手な動物で、9割のオーナーが自分の愛猫は健康だと思っています。

 その理由として、「具合が悪そうに見えない」「普段と変わったことがない」と7割の方が回答しており、多くが見た目で体調を判断してしまっているのが実態です。

 具合が悪くなってから病院に連れて行き、重症化してしまっているケースも少なくありません。

 そこで、見た目だけでは判断しにくい猫の体調変化にいち早く気づけるように、猫のおしっこの色、量、ニオイ、回数といったものを普段から気にかけましょう。

おしっこチェックをしよう(写真:花王)

 

 

 

長生きして欲しい【愛猫に与えたいペットサプリ4選】ペット用のサプリメントがあることをご存知でしょうか?猫に長生きしてもらうためにもサプリメントは必要かなと思います。しかし、全ての猫に合うわけではないので注意が必要です。...
とろねこチャレンジ
とろねこチャレンジ SNS投稿して猫の殺処分をゼロにしよう2月7日から「#とろねこチャレンジ」がスタート。このプロジェクトは殺処分されてしまう猫(年間3万頭)がいる問題を解決するのが目的。寝ている猫の写真や動画をツイッターまたはインスタグラムに投稿すると1投稿につき10円が保護猫団体に寄付されます。...
こちらの記事もおすすめ