英語

フィリピン英語はアクセントが強いのか|英会話講師として適任?

フィリピン英語

オンライン英会話を始めようとしている方で、講師をネイティブかフィリピン人かで迷っていませんか?

「英会話を学ぶならネイティブから教えてもらいたい!」

この気持ちはよく分かります。

でも、英会話の講師をするようなフィリピン人の英語は、ネイティブと変わりません。

というよりも、ネイティブレベルの英語力を持ったフィリピン人が英語の教師になります。

また、講師の場合、発音は基本的にアメリカンで、強い訛りはありません。

この記事では「フィリピン人が英語を話せる理由」「アクセントが強いと思われている理由」などについて書いています。

フィリピン人が英語を話せる理由

小学校から英語で授業が行われるから

フィリピンでは小学校(主に私立)から英語で授業が行われるため、英語を話すことができます。

国語の授業はフィリピン語で行われますが、それ以外は英語で行われます。

映画もフィリピン語の字幕はないですし、契約書なども全て英語で書かれています。

フィリピンの人口は約1億人ですが、約9,000万人が英語を話せるというデータがあります(もちろん英語のレベルは様々です)。

ネイティブと同じくらい英語ができるフィリピン人は英語教師を目指したり、オンライン英会話で講師をしています。

なのでオンライン英会話サービスで「講師はフィリピン人です」とあっても「アクセントが強いから嫌」「ネイティブなみにできるの?」とか思わないようにしましょう。

雇用されているは英語を話せる中でも、ネイティブなみに話せるフィリピン人なので安心です。でないと詐欺になってしまいますからね…。 

スペインやアメリカの植民地だったから

スペインやアメリカの植民地だったことが、フィリピン人の英語力にかなり影響しています。

1565年から1898年 スペインの支配下(数年はイギリスが占領)

1898年から1942年 アメリカの支配下

1942年から1945年 日本の支配下

1946年から 今のフィリピンに

アメリカが支配していたとき、約1,000人の英語教師をフィリピンに派遣し、1930年代には英語を話すフィリピン人は、全人口の3割になったと言われています。

また、スペイン語と英語は共通する部分が多いので、英語を習得するのが早かった(容易であった)ともいわれています。

独立後の1974年、英語とフィリピン語の二言語併用教育政策が発表されたことで、英語を話す人がより多くなりました。

※英語を話せないフィリピン人もいる

先ほど「9割が英語を話せる」と説明しましたが、英語を話せないフィリピン人も当然います。

その理由は貧富の差です。

セブ島やマニラなど栄えている場所だと貧富の差は感じられませんが、田舎に行くと英語どころかまともに教育を受けられない子供たちがたくさんいます。

また、「9割のフィリピン人がネイティブなみに話せるか」といえば、それは違います。

さきほど「小学校から英語で授業をする」と説明しましたが、「全ての学校」というわけではありません。

私立の学校は英語教育に力を入れていますが、公立ではフィリピン語で授業を行うことが多いそうです。

富裕層は家でも英語を話したり、そもそも親が英語を話せるので私立や、インターナショナルスクールに入れるそうです。

しかし、貧困層はそうもいきません。

実際にフィリピンに行った時の話です。

空港で働くフィリピン人は英語が堪能でした。というよりも国際空港なので「英語を話せること」が雇われる条件の一つなのでしょう。

ホテルの従業員も英語はペラペラでした。たくさんの外国人が宿泊するので当たり前ですよね。

しかし、タクシーの運転手やゴルフ場のキャディなどの英語はカタコトでした。英単語のみで会話するような感じでした。

それでも意思疎通はとれるので、問題は全くなかったですが、よく留学斡旋業者が「フィリピン人は全員、英語を話せるので安心ですよ!」というの嘘だと分かりました。

フィリピン人の英語はアクセントが強い?英会話講師として適任?

「フィリピン人の英語はアクセントが強いから苦手」という人がいるのは理解できます。

ただそれは、英語をネイティブなみに話せないフィリピン人の英語の癖が強く、その印象が強く残ってしまうため「フィリピン人の英語は癖が…」となってしまうのです。

フィリピンの語学学校の先生の英語です。

ネイティブレベルだからこそ先生になれたのだと思いますが、これでも「なまりが強い」といえるでしょうか?

「フィリピン人はどのくらい英語が流暢なの?」という動画ですが、たしかにこちらは「癖が強い」です。

でも彼らは英語教師ではありません。

アクエスベストティーチャーレアジョブなどのオンライン英会話教室で講師をするフィリピン人が、上記動画レベルの英語力だったらダメです。

でも、オンライン英会話教室の講師はネイティブに近い英語力なので、そこで働くフィリピン人は英会話教師として適任です。

英語を学ぶならネイティブ?フィリピン人?

上級者ならネイティブでもいいと思いますが、初心者ならフィリピン人がいいと思います。

✔︎フィリピン人は第二言語を学ぶ苦労を知っている

ネイティブでも「第二言語を学ぶ苦労」を知っていればいいと思いますが、英語しか話せないネイティブがほとんどです。

まぁ、英語が世界共通語になってしまったので、ネイティブからすると英語以外を学ぶメリットはあまりないですからね…。

幼い頃から英語に触れてきたフィリピン人でも、母国語はフィリピン語。これは変わりません。

英語は限りになく母国語に近い第二言語という感じです。なので「第二言語を学ぶ苦労」を知っていると思います。

✔︎いきなり欧米人はきつくない?

いきなり欧米人より、アジアなフィリピン人のほうが親しみやすいというか、馴染みやすい気もします。

✔︎ネイティブは高い

金銭面になりますが、オンライン英会話サービスでも通うタイプの英会話学校でも、ネイティブ講師の方が高いです。

でも英語力に大差がないので、お得な価格設定のフィリピン人講師の方がいいと思います。

しかもネイティブでもテキサス訛りとか、イギリスの独特の訛りとかあったら、その訛りが身についちゃいそうですし…。 

期間

まとめ

英会話講師をするレベルのフィリピン人はネイティブと大差ないということが、お分かり頂けたかと思います。

たくさんのオンライン英会話サービスがありますが、初心者ならアクエスをおすすめします。

他のサービスはまだ体験できてないので、何も言えないだけなのですが、アクエスは「上級者お断り」な感じで、「超初心者ウェルカム」というサービスです。

また、アクエスは50×5回のレッスンが無料で受けられるので人気があります。

詳しくは下記の記事、またはアクエス公式サイトからご確認ください。

アクエス
アクエス(AQUES)英会話の口コミ、評判や料金|無料体験レポありアクエス(AQUES)というオンライン英会話の無料体験をしてみました。ステイホームなので最高です。この記事ではアクエスの概要、体験レビュー、メリット・デメリット、口コミなどについてご紹介しています。...
こちらの記事もおすすめ