猫の豆知識やニュース

ピュリナワンとプロプランの違い|猫の健康を考えた栄養設計

ピュリナ
筆者
筆者
ネスレのグループ会社であるピュリナのブランド「ピュリナワン」と「プロプラン」の違いについての記事となります。

ピュリナワンは薬局やスーパーでも買えるので有名ですが、プロプランは見かけたことがありません。また、口コミも少ないので謎のブランドだったりします。

プロプランとは?というところも含め、ピュリナワンとの違いをご紹介します。

ピュリナワンとプロプランの違い

プロプランのほうが高い

プロプランのほうが肉を多く使用している

プロプランのほうがカロリーが低い

ピュリナワンの原産国はアメリカ、プロプランはオーストラリア

ピュリナワンとプロプランの違い

プロプランプロプランは6種類(画像:公式サイト
ピュリナワンピュリナワン(画像:公式サイト

ピュリナワン「美味を求める成猫用 サーモン(1歳以上)」とプロプラン「成猫用 サーモン(1歳以上)」の比較となります。

価格

ピュリナワン 114円/100g 1915円/2200g
プロプラン 197円/100g 2571円/1300g

プロプランのほうが高いです。

原材料

ピュリナワン

サーモン(1)、米、コーングルテン、チキンパウダー、牛脂、脱脂大豆、とうもろこし、小麦粉、大豆たんぱく、たんぱく加水分解物、チキン(10)、えんどう豆、にんじん、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン、シスチン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

プロプラン

サーモン(1)、ツナ(2)、コーングルテンミール、小麦、チキン(5)、動物性油脂、大麦、チコリ、とうもろこし、大豆ミール、魚油、たんぱく加水分解物、オーツ麦、ミックスエキストラクト、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン、C、ベータカロテン)、アミノ酸類(アルギニン、メチオニン、タウリン)、ピロリン酸Na、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

プロプランの価格がピュリナワンより高いのは、プロプランのほうが肉を多く含んでいるからだと思います。

原材料は使用率の高い食材から記載するのがルール。

プロプランだと、第一原材料がサーモン、第2原材料がツナ(たぶんマグロ)です。そして、5番目にチキンがきています。

一方、ピュリナワンは第一原材料こそサーモンですが、10番目にやっとチキンがきています(粉末状のチキンパウダーはカウントしていません)。

両方とも穀物類が使用されていますが、穀物類の使用量はピュリナワンのほうが多いです。

穀物類の原価は肉よりも安いので、穀物類の使用量の多いピュリナワンが安いのかなと思います。

成分

ピュリナワン

粗タンパク質33%以上、粗脂肪13%以上、粗繊維2.5%以下、粗灰分9%以下、水分12%以下、390kcal/100g

プロプラン

粗タンパク質32%以上、粗脂肪14%以上、粗繊維3%以下、粗灰分10%以下、水分12%以下、359kcal/100g

プロプランのほうがカロリーが低いです。

肉の使用量が多い割に、カロリーが低いのはグッドポイントですね。

原産国

ピュリナワンがアメリカ、プロプランがオーストラリアです。両国ともペットフードの工場地して有名なので問題ないでしょう。

ピュリナのプロプランとは?

プロプラン

「ピュリナ プロプラン」はピュリナの最先端の科学的知見に基づいて開発された栄養設計で、ペットの長く健康で豊かな生活をサポートします。

私たちは、ペットに最適化された栄養を提供することが健康で長く生きるための基盤であると考えています。そのため私たちは獣医師、栄養学者、動物行動学者を含む500人以上の科学者から成るペット専任チームを有しており、全員がペットとその飼い主の生活を豊かにする画期的な製品開発に取り組んでいます。

出典:公式サイト

ピュリナ自体は1902年創業のペットメーカーで、現在はコーヒーで有名なネスレが親会社です。

ピュリナブランドで最も有名なのは「モンプチ」かと思いますが、「ピュリナワン」「プロプラン」をはじめ、「フィリックス」「フリスキー」などがあります。

プロプランは、100年以上にわたる研究に加え、獣医師、栄養学者、動物行動学者など500人以上のスペシャリストが携わっているようです。

プロプラン4つの特徴

科学的に実証:原材料と栄養素は科学的に実証されています。

最新の栄養設計:最新の栄養研究をキャットフードに取り入れています。

優れた栄養吸収:良質な原材料と製造技術による優れた栄養吸収で生涯にわたって健康づくりを応援します。

おいしさへのこだわり:ピュリナの栄養学者は猫の食性を理解しているので、味にこだわる愛猫でも美味しく食べられるおいしさを届けます。

とにかく健康第一に重きを置いたキャットフードがプロプランという印象です。

となるとピュリナワンは「手抜き?」と思われるかもですが、それはありえません。

ピュリナワンとは?

「ピュリナ ワン」はペット専門栄養士による栄養設計で、<健康6要素>に必要な全ての栄養をバランス良く満たしたプレミアムフード。健康状態に目に見える違いを実感。生涯を通じて健康寿命をサポートします。

出典:公式サイト

ピュリナワンには、ペット専門栄養士が携わっています。

普通に考えて、プロプランのように獣医師、栄養学者、動物行動学者も少なからず携わっていると思うので、圧倒的な差はないと思います。

また、ピュリナワンはスーパーや薬局で変えたり、ネット上でも口コミがたくさんありますが、プロプランの口コミは少ないので不安な部分もあります。

正直、どちらも良質なキャットフードだと思うので、あとは猫ちゃんが食べるかどうかです。

プロプランを我が家の猫に与えたことがないので、何も言えませんが、ピュリナワンはドライもウェットもあげているのでオススメできます。

ピュリナグレインフリー
ピュリナワングレインフリー2種類をレビュー|口コミや評判は?ピュリナワングレインフリーのレビュー記事です。グレインフリーで有名なカナガンやレガリエの半額で高品質なのがピュリナワンの特徴。一方で、「吐く」という口コミが多いことも確か。そのあたりもこの記事を読んで頂ければ詳しくわかると思います。...
ピュリナワンと猫
ピュリナワンウェットフードをレビュー|口コミや評判は?ピュリナワンの避妊・去勢した猫用ウェットフード3種類をレビュー評価。味はターキー、サーモン、チキンです。避妊・去勢した猫は太りやすいのでピュリナワンのウェットフードは低カロリーで、尿路系の病気にかからないような設計にもなっています。...

健康6要素とは?

理想的な体格:良質なタンパク質が筋肉、理想的な体格の維持、健康維持をサポート。

抵抗力の維持:抗酸化物質(ビタミンEなど)を含む優れた栄養バランスの食事が、ペットが抵抗力を維持するのを助け、健康的で長生きな生活に貢献。

健康的な骨格と関節:カルシウムとリンをバランスよく含むミネラル類とビタミン類の補給により、健康的な骨格を維持。

消化吸収性と便:新鮮な動物性タンパク質を使用した良質な原材料を厳選使用。消化吸収性が優れているので便が小さく健康的に。

皮膚・被毛の健康と目の輝き:オメガ6脂肪酸と良質なタンパク質が皮膚の健康と美しい毛艶を維持。適切な量のビタミンA、タウリンを含み、輝く健康的な瞳の維持をサポート。

健康な歯:食べやすく、歯ごたえのある粒を噛むことによって歯垢と歯石の蓄積を抑え、健康的な歯を維持し口臭を軽減。

ピュリナの定期便

定期便だと、ピュリワンなら常に20%オフ、プロプランだと常に10%オフで購入できます。

ピュリナワン ピュリナワン ピュリナワン ピュリナワン

 

まとめ

まとめますと「プロプランの方が高い、肉を多く使用、低カロリー」で、ピュリナワンの原産国はアメリカ、プロプランはオーストラリアということが分かりました。

個人的には(プロプランをあげたことがないので)ピュリナワンをおすすめしますが、どちらも良質なキャットフードだと思います。