オーストラリア

シニアのゴルフ留学ならオーストラリアのゴールドコーストがおすすめ

ゴルフ
筆者
筆者
シニアのゴルフ留学ならオーストラリアのゴールドコーストがおすすめです。

なぜなら、時差が1時間しかないので到着してすぐプレーができたり、気候が逆なので(日本の)夏休みを利用して行けば涼しいなかゴルフを楽しめます。

ゴールドコーストをオススメするのは、私が高校時代に住んでいたからなのですが、オーストラリアPGA選手権の舞台、RACVロイヤルパインズリゾートやグレッグ・ノーマン監修のグレイズで回ることができ、スクールもいくつかあるので、短期集中で腕を磨くのもありです!

【シニアのゴルフ留学】オーストラリア・ゴールドコーストがおすすめな理由

時差がほぼない

ゴールドコーストとの時差は1時間。日本が午後1時ならゴールドコーストは午後2時です。

若いスポーツ選手でさえ時差ボケのせいで力を出せないことがあるように、時差というのはかなり厄介。

ゴルフといえばハワイという感じですが、時差ボケで体調を崩して旅行が無駄になったというケースも。

特にシニアになると飛行機移動も辛くなりますし、それに加えて時差があるとかなり疲れると思います。

ゴールドコーストへのフライトは約8時間(ハワイとほぼ同じ)。朝に到着するので元気があればラウンドや練習をすることもできます。

また、時差がほぼないので日本への連絡も楽にできます。

アメリカだと真逆なので「深夜に部下から緊急の連絡が入った」「病気にかかったけど、すぐに連絡できない」なんてこともありますが、ゴールドコーストならその心配はご無用です。

気候が逆

オーストラリアと日本は気候が逆(日本が夏ならオーストラリアは冬)なので、夏休みにオーストラリアに行く人が多いのです。

日本の夏にゴルフをするのはかなり危険なレベルになりつつありますよね?

なので、涼しいオーストラリアでプレーするのはスマートだと思います。しかも、冬とはいえ日中は20〜22度ほどなのでゴルフをするのには最適です。

寒暖差で体調を崩さないようにしましょう。

日本人が多い

旅行者や現地に住んでいる日本人が多いので安心できます。日本人が経営しているゴルフスクールもあり、英語が分からなくても問題ありません。

そもそもゴルフ用語は英語なので、オーストラリア人のコーチでも何を伝えようとしているかは容易に理解できます。

スウェイ、インサイドアウト、フック、スライス、オーバースイング、シャットフェイスなど聞き慣れている用語に加え、身振り手振りを交えティーチングしてくれます。

オーストラリア・ゴールドコーストにあるゴルフスクール

ゴールドワン

ゴールドワンは、オーストラリアで20年以上の指導経験を持つ板橋繁さんが主宰するスクールです。
 

プランは1週間(2480ドル)か2週間(4500ドル)。1日の日程は7時からショートゲーム(1.5時間)、ロングゲーム(1.5時間)の練習、11時から18ホールのラウンドを実施します。

ゴルフ場は、ジャック・ニクラウス設計のシャトレーゼレイクランズゴルフクラブ。日本企業が経営しているので日本人スタッフがいます。

板橋繁さんのプロフィール

全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部(USGTF JAPAN)主席試験官
日本体育大学大学院体育学修士課程修了。
専門はトレーニング論と身体動作学。

日体大ゴルフ部時代には同期の伊沢利光プロと共に活躍。全日本学生準優勝に導く。
卒業後、日本体育大学ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務。
オリンピック選手とプロゴルファーのトレーニング指導を担当する。
日体大ゴルフ部男子部コーチ・女子部監督(90~94年)に就任。細川和彦プロや平塚哲二プロを指導する。

95年に渡豪。ヒルズ学園高校ゴルフ部監督(95~02年)に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。
02年からは豪州のトップチームを指導するA Game Golf Academy日本人担当コーチ(02~06)に就任。

運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立する。
この頃から、ツアープロのコーチングを始める。

2008年よりyoutubeにてレッスン動画の配信をスタート。わかりやすいレッスンを一度受けてみたいと人気に。
速攻スイング治療とアイデアドリル作成が得意。

出典:ゴールドワン

クロスゴルフアカデミー

クロスゴルフアカデミーは、オーストラリアとアメリカで約12年間過ごした伊東大祐さんが主宰しています。

短期から短期まで様々なプランがあり、短期の1週間だと1600ドル。1日の日程は8時から11時までレッスンまたはラウンド、13時から17時までレッスンまたはラウンドという感じです。

ゴルフ場はアランデルヒルズで、東京には事務局があります。

オーストラリア・ゴールドコーストにある主なコース

パーマー・コロニアル

ここは18ホール中16ホールが池に絡んでいるコースです。ちなみに私はここでホールインワンを達成しました!

グレイズ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Glades Golf Club(@thegladesgolfclub)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Glades Golf Club(@thegladesgolfclub)がシェアした投稿 -

グレッグ・ノーマン監修のコース。結婚式を挙げる場所としても最高です。

ロイヤル・パインズ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RACV Royal Pines Resort(@racvroyalpines)がシェアした投稿 -

年末にオーストラリアPGA選手権が行われるゴルフ場。超巨大なリゾート地でもあります。

サンクチュアリ・コーブ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sanctuary Cove Golf(@sanctuarycovegolf)がシェアした投稿 -

サンクチュアリ・コーブはアダム・スコットがメンバーで、帰国したときにはここで練習をしています。

ゴールドコーストに別荘を持つ芸能人もよくここでプレーしています。ちなみに上記インスタグラムに写っているコーチは日本語を話せます(私のコーチでした)。

とにかくシニアのゴルフ留学ならオーストラリアのゴールドコーストがおすすめ

とにかく時差がないのでオーストラリアがおすすめなのと、ゴールドコーストには名門コースがたくさんあるのでおすすめです!

こちらの記事もおすすめ