英語

英語を話せるようになる?かもしれない教材【全額返金付きがおすすめ】

英語テキスト
筆者
筆者
ネット上で見つけた「英語を話せるようになる?かもしれない教材」をご紹介します。

この手の英語教材は怪しいのも多いですが、その怪しい教材のせいで良質な教材も怪しく思えてしまいます。

いちおう、高校、大学とオーストラリアで過ごした私が「これなら怪しくないだろう」という教材を選びました。

英語を話せるようになる?かもしれない教材【全額返金つきがオススメ】

hiro式

「hiro式・オンライン英会話スクール 〜「自宅留学」のすすめ〜」は、オーストラリア、ハワイやフィリピンなど留学経験7年のhiroさんが作った教材。価格は49,800円、全額返金保証つきです。

文章で説明するよりhiroさんが投稿している動画を見る方が早いので、動画をベースに紹介します。

まず、hiroさんが英語を話している様子から。

ネイティブレベルの発音ではありませんが、会話はできています。特に発音を良くするための教材ではないので問題ありません。

英会話の基礎固めとして文法を学びます。そう文法を学ぶのです(笑)

ただ、hiroさんの文法は学校で教えられるような文法ではなく、英会話に直結する文法です。

例えば「a」と「the」の使い方について。

「『a』は特定しないもの、『the』は特定するもの」と学校では習いますが、hiroさんのは感覚的。

例えば「月が綺麗」は「The moon is beautiful」。月はこの世に一つしかなく100人いたら100人が「夜空に浮かぶ黄色のや〜つ」と想像できるので「the」なのです。

仮に月が100個あれば「the moon」ではなく「a moon」となります。「I saw the moon(月を見た)」と言っても「え? 100個あるうちのどの月?」となります。

「バッグが欲しい」は「I want a bag」。バッグといってもビジネスバッグ、リュックなど種類があり、1つに絞れないので「a bag」となります。

例えば、事前に盗まれたバッグについて話していて「Who took the bag?(誰がバッグを盗んだんだ?)」と会話の途中で言えば、相手は盗まれたバッグのこと言っていると理解できるので「the bag」となります。

「I like an apple(リンゴが好き)」も「リンゴ=赤」が基本ですが、グリーンアップルもあるので「an apple」となります。この世に赤のリンゴしかなければ「the apple」になるのだと思います。

脱線気味ですが、こんな感じでhiroさんは考えやすく使える文法を教えてくれます。また、英会話に必要な文法は24分野のみとされ、最短1か月でマスター可能です。

そして最も重要なのですが、英語の考え方や発想力について。これは以前、NCCというスパルタ英会話学校に通っていた時の記事でも書きましたが重要です。

サンプルレッスンの文章に「将来役立つから、英語の勉強をしているんだ」とあり、頭の中で「私は、勉強しています、英語を、自分の将来のために」と変換します。

すると「I study English for my future」と瞬時に作成することができます。あとはこれを言えばいいのです。

すこし応用させて頂くと「将来(future)」という単語が出てこない場合は「5年後、10年後」と変換すれば「I study English because I think that it will be useful in 5 or 10 years」と言えます(少し長いですが)。 

無料、無制限に外国人と話せるサービスがついています。キャンブリーなどのサービスではなくhiroさん独自のサービスだと思われます。

正直、文法は二の次で、日本語から英語の変換力を鍛えられるのがhiroさんの教材だと思います。

返金は購入後180日~365日の間に行えば大丈夫。つまり「半年以上しっかり取り組んで効果がなければ返金して構いません」ということ。理由も一切問わないそうです。

 

シンプルイングリッシュ

シンプルイングリッシュは、中学3年生までの英語の知識、魔法の81文に含まれている1772語、応用の121文を学ぶだけで話せるようになるトレーニング本(+CD)。価格は21600円(数量限定で16800円)。

古くはオグデン(C.K.Ogden)というイギリスの学者が、たった850語で日常の会話の大半はできてしまうという発表を「The ABC of Basic English」(1932年)という本などで行ったこともあります。
他にも、英語の速記文字を編み出したアイザック・ピットマンという人は、わずか700語で日常会話の7割(派生語も含めれば8割)が成立することを発見しました。

日常会話をするのに難しい単語や文法を使うことはないので、700〜850語で成立するというのは理解できます。

ネイティブ子供がそうですよね。文法力、語彙力と中学生以下にもかかわらず英会話ができています。

いかに中学生レベルの英語を話せる英語にするかに焦点を当てたのがシンプルイングリッシュです。

「get」「take」「let」「on」「for」などの基本となる基本動詞や前置詞を用いて英語脳を作っていきます。

例えばですけど「ノーベル賞を受賞した」と言いたい時、日本人は「受賞ってなんて言うんだろう?」と考えがちですが、ネイティブの子供はシンプルに「get」を使います。

正解ですよね? 

大人のネイティブなら「received or won the the Nobel Peace Prize」でしょうが、「get」でも問題ありません。

日本人は難しく考えがちなのですが、英語を話す分には簡単な英語さえしっかりと身につけていれば話すことができるのです。

そして、このメソッドを考えたのは米国シンプソン大学アメリカ研究科卒業の酒井一郎さん。

酒井さんの書籍「英会話! この26文で、なんでも話せる! ― 英語のしくみは、とても単純だ!」(廃刊) はアマゾン3万円以上の値がついています。

内容的にはSimple English で述べているノウハウを100とすれば30%位のクオリティにしか過ぎません。(現在のSimple English は最新メソッドとして改良を何度も重ねられております)
出版社から出版する書籍は、一般的かつ大衆的な読み物としてまとめなければならないという制限上、Simple English で述べているノウハウの30%程度のものしか発表できませんでした。

出典:シンプルイングリッシュ

アマゾンで本を購入することを考えると、シンプルイングリッシュの価格は良心的だと思います。

しかも1日20分のトレーニングの3か月続ければ効果を感じられるそうです。もちろんダラダラやるのではなく、しっかりやることが大前提ですが…。

残念なのは返金制度がないこと。

従って、酒井さんはたくさんの書籍を出しているので、立ち読みでもして「共感できる!」と思えた方はシンプルイングリッシュを購入してみるのがいいでしょう。

 

七田式(おまけ)

七田式メソッドはおまけとしてご紹介します。理由は、教材自体は良さそうなのですが「フレーズを覚えてるだけ話せる」はきついんじゃないかと…。

日常会話に必要な60フレーズを覚えることで60日で話せるようになるという教材。価格は19,800円(税別)で全額返金ありです。

60日勉強すれば…

少なくとも60日間しっかり取り組めば、60パターン600フレーズは完全に身につけることが出来ます。そしてそれは一夜漬けで丸暗記した知識のようにすぐに忘れてしまう物ではなく、完全記憶として身体の奥深くまで定着し、いつでも好きな時に取り出して口から出すことが出来ます。あとは必要に応じて単語を入れ替えれば、ほとんどの場面で英会話ができるようになります。

らしいですが、どうなんでしょうね。

気になる方は公式ホームページをご覧ください。

セブンプラスバイリンガル
【七田式】音声ペン付きセブンプラスバイリンガルの内容や口コミ音声タッチペンを使って英語を学ぶ七田式セブンプラスバイリンガルのご紹介。この教材は子供用で主に0〜6歳が対象です。音声タッチペンでテキストにタッチすると英語が流れる仕組みで、その英語を聞いて口にし、英語を覚えていきます。脳の柔軟な子供であればバイリンガルも夢ではありません。...

まとめ

世の中にはいろいろな英語教材があるので、どれを選んだらいいか迷いますが、全額返金保証制度のあるhiro式なら安心かなと思います。

「くそだ!」と思えば返せばいいんですからね。3000円の本を10冊とか買うよりかはいいと思います。本は売っても回収できませんから…。

 

アクエス
アクエスは超初心者におすすめ。フィリピン人と日本人講師が交互に教えてくれるので、安心して英会話を学べます。予習、復習、宿題なしで学べるのもグッドポイントです。
 
学校名 アクエス
レッスン形態 マンツーマン
講師 フィリピン人、日本人
営業時間 5:00-25:00

公式サイト

ネイティブキャンプ
ネイティブキャンプは、予約なしですぐに話すことができます。しかもレッスン回数が無制限なのがありがたい。たくさん話さないと英会話力は伸びないですからね。
 
学校名 ネイティブキャンプ
レッスン形態 マンツーマン
講師 ネイティブ
営業時間 24時間

公式サイト

レアジョブ
レアジョブは、マンツーマンレッスンが129円からと低価格。4,000以上の教材が学べるトピックをレベルに合わせて選べるのも大きな特徴です。
 
学校名 レアジョブ
レッスン形態 マンツーマン
講師 フィリピン人
営業時間 6:00-25:00

公式サイト

 
こちらの記事もおすすめ