ニュース

里親募集なのに「世界最悪の猫」とアピール 応募殺到で話題

世界最悪な猫

 里親を募集するとき普通なら「元気で可愛い猫です」「甘えん坊です」とかポジティブなことをアピールするもの。

 しかし、全く真逆のことをしたアメリカのノースカロライナ州にあるミッチェル・カウントリー・アニマル・レスキュー(動物保護施設)が話題になっています。

 フェイスブックに投稿されたのですが「パーディタ、具合が悪いのかと思ったら、彼女はただの嫌な猫」「世界最悪の猫」と可哀想…。

 でもこれは意図的なもの。保護された猫は懐くまでに時間がかかるので、現状の性格をありのまま伝えたそうです。

"We thought if we highlighted [her personality] in a humorous way, the person with a personality to match hers can adopt," Lowery said.

出典:CNN

 施設の責任者であるアンバー・ローリーさんは以前にも「世界最悪な猫」てきな投稿をして里親を集めた経験があり「ユーモアを交えて彼女の性格を紹介したら、マッチする里親が見つかるのではないかと思いました」と話しています。

 また、フェイスブックの投稿文には「バーディタは相手を見つめるのが好き。その視線は相手の心の中に入り、気分を悪くさせる。二度と元気になれない感じがする」とあり、嫌いなものは「ピンク色、子猫、犬、子供、ディクシー・チックス、ディズニー映画、クリスマス、ハグ」と書かれています。

 バズったことで応募殺到だそうです!

世界最悪な猫
175件以上の申し込み 「世界最悪の猫」里親はテネシー州のカップル以前、紹介した世界最悪の猫の里親が決まりました! https://tomotalk.com/worlds-worst-cat/ パー...
こちらの記事もおすすめ