雑記

ヤクルト1000は自販機で購入できる|効果や価格は?

ヤクルト史上最高密度の乳酸菌 シロタ株を含んだヤクルト1000が2019年10月1日に発売となったのですが、もうお飲みになられたでしょうか?

ヤクルト1000は1本130円+税、7本パック910円+税で、自販機またはヤクルトレディからしか購入できます。

気になるヤクルト1000の効果は、睡眠の質を向上させたり、ストレスを軽減させる効果があるようです。

1本(100ml)あたり1,000個もの乳酸菌 シロタ株を含んだヤクルト1000についてご紹介します。

ヤクルト1000を実際に飲んでみた

ヤクルト1000ヤクルト1000一般的なヤクルトは容器に名称や賞味期限などがプリントしてありますが、ヤクルト1000は違いますね。

味は一般的なヤクルトと比較すると、少しだけビターかなと思います。

ヤクルト1000は自販機かヤクルトレディスからしか購入できる

f:id:sleepy2020:20191129223045j:plainスーパーやコンビニでヤクルト1000を購入することは今のところできません。

購入できるのは、自動販売機、通販、ヤクルトレディからです。

ヤクルトレディス↓

1954年、四国の高松で営業を開始する際、販売員を家庭の主婦に限って採用。その後、各地の事業所でも婦人販売員を採用した事業所は業績が伸びていたことから、1963年から「婦人販売店システム」が全国的に採用されることになった。

出展:ウィキペディア

ヤクルト1000の効果は?

ストレスをやわらげる

f:id:sleepy2020:20191127185906j:plain

出典:ヤクルト

ヤクルト1000を飲み続けると、一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレスをやわらげる機能が確認されているようです。

✔︎唾液中のコルチゾール濃度(ストレスを受けた時に分泌が増えるホルモン物質)の上昇が抑制

✔︎ストレエス体感が抑制

睡眠の質を高める

f:id:sleepy2020:20191127190322j:plain
f:id:sleepy2020:20191127190430j:plain

出典:ヤクルト

ヤクルト1000を飲み続けると、一時的な精神的ストレスがかかる状況での睡眠の質を高める機能が確認されているようです。

✔︎熟眠時間と熟眠度が増加

✔︎起床時の眠気を示すスコアで改善が認められた

ヤクルトの誕生は城田稔博士から

f:id:sleepy2020:20191129222910j:plain

出典:ヤクルト

そもそも乳酸菌 シロタ株は、ヤクルトを創業した代田稔博士が生み出したもの。シロタは代田からきています。

代田博士は病気にかからないようにする予防医学を研究していて、1930年に生きて腸に届き、悪い菌を退治する乳酸菌を発見。

これを培養して完成したのが乳酸菌 シロタ株で、1935年にヤクルトの販売が始まりました。

ヤクルト1000と400との違い

ヤクルト「400」と「1000」の違いは、乳酸菌 シロタ株が「400億個」か「1,000億個」かだけではありません。

特定保健用食品  400

機能性表示食品  1000

の違いがあります。

f:id:sleepy2020:20191129222839j:plain

出展:倉敷医療生活協同組合

「400」「1000」はともにお腹の調子を整える効果があります。

しかし、どちらかと言えばトクホに分類される「400」の方がより効果あり?かもしれません。

乳酸菌 シロタ株が多ければ多いほど良いというものではなさそうです。

ただ「1000」にはリラックスさせる成分が含まれているので、寝る前に飲むことをお勧めします。

どちらにしろ1日1本とヤクルトも推奨しているので、私は起床時に「400」、消灯前に「1000」というルーティーンです。

あと、腸が活発に動くのは夜と言われているので、寝る前にヤクルトやヨーグルトなど乳酸菌系のものを食すと、モーニングうんちが出やすくなるとか、ならないとか…。

ヤクルトの選手は飲み放題!?

ヤクルトが保有するプロ野球チーム「ヤクルトスワローズ」の選手たちはヤクルト飲み放題だと以前、テレビで古田敦也さんが仰っていました。

うらやましい!!!

ちなみに本拠地の神宮球場のトイレはけっこう汚いです。一部改装されていますが、全てではありません。

どうしようもない時は、いったん球場を出て隣の神宮ゴルフ練習場でトイレを借りちゃいましょう!

ヤクルト1000を毎日飲み続けることが大切

ヤクルト400、ヤクルト1000以外にもラインナップは豊富で、どれを選べばいいか迷ってしまいますが、正直なんでもいいです。

大切なのは毎日飲み続けること。これだけです!

こちらの記事もおすすめ