カナガンキャットフード
サービス

バーチャルペット「JUNO」登場 まるで猫と生活している感覚に

ユノ

 

(株)ユピテルから本物の猫のような「育ち・なつき」を再現したバーチャルペット「Juno(ユノ)」が発売となりました。価格は69,300円(税込)。

ユノ

「Juno」は猫をモチーフにしたバーチャルペットで、音声を通じたコミュニケーションを取ったり、専用スマートフォンアプリ(iOSアンドロイド)から食事を与えたりすることで育っていき、飼い主に少しずつ懐くというもの。

VR-cellaVR-cella

独自開発の専用ロボット「VR-cella(ブイアールセラ)」の中に「Juno」が出現し、猫を飼っているかのような体験をすることができます(VR-cellaは幅200×奥205×高さ265mm、約2.5kg)。

「Juno」は様々な事情でペットを飼えない人に向けて、孤独や寂しい気持ちを和らげ、暮らしに豊かさや、癒しを与えるために開発されました。

ABOUT ME
きゃっとも
2020年5月にペットフード・ペットマナー検定に合格。ロシアンブルーのジェイと生活中。キャットフードのレビュー記事や猫に関連するニュースをほぼ毎日配信しています。
こちらもどうぞ!